広告コラム

広告コラム

テレビCMを制作するときのポイント!インターネットとの相乗効果も重要

動画視聴スタイルが多様化し、テレビとの関わり方も変わっています。従来どおりのリアルタイム視聴だけでなく、録画視聴インターネットでのリアルタイム配信や見逃し配信インターネット動画サービスなど、テレビで見る動画の幅も広がっています。動画広告に触れる機会も増えている今だからこそ、テレビCMの効果を再定義し、販促やブランディングで効果的に活用していきたいですよね。

ここでは、テレビCMを制作するときのポイントを解説します。

テレビCMの効果とは?

改めて、テレビCMの効果を確認しておきましょう。他の広告よりも優れている点に、次の3点が挙げられます。

①ブランドイメージの向上(ブランディング)

テレビCMを通して、ブランドイメージを広く訴求することができます。さらに、テレビCMを放送している会社=安心できる会社というイメージを伝えることができるため、企業やサービス・商品への印象を高めることができます。株主への好印象や、人材採用、社員のモチベーション向上など、CMで信頼感を獲得することで得られる効果はたくさんあります。

②認知度拡大

テレビは、不特定多数のユーザーに対して情報を伝えるメディアです。一定数のターゲットに一斉に伝えられるので、情報の伝達量・速度は広告の中でも随一です。インターネットなどのターゲティングされた広告は、「能動的に情報収集する層」にしか届かない性質があります。一方テレビCMは受動的な層にも強制的にアプローチできる強みがあります。さらに、一緒にテレビを見ている家族など、老若男女問わずターゲットの周辺にもリーチできる可能性があります。

③売上アップ

テレビCMは幅広い層の興味関心を集めやすいため、直接的な購買行動につながります。記憶に残ることができれば、店頭で見たときやサービスを検討する際に、候補として思い出してもらえます。

テレビCMを効果的に制作するポイント

テレビCMは幅広く情報を届けられるツールですが、最大のポイントは「伝えたい内容を絞る」ことです。

ターゲットを絞る

テレビはいろいろな人が見るので、「老若男女みんなに刺さるような内容にしたい」と思われるかもしれません。しかし、ターゲットが広すぎると伝えたいメッセージもあいまいになってしまい、他のCMより印象が薄くなってしまいます。「このCMは子育て中のママに見て欲しい」など、ターゲットを設定して内容を決めていく方が印象に残りやすくなります。

伝えたいことを絞る

テレビCMの長さには制限があるので、あれもこれも伝えようとすると「何を言っているか分からない」となりがちです。CMにおいて説明的すぎると、見ている側としては野暮ったくなってしまいます。あえて伝えたいメッセージを絞る方が、CMの内容を覚えてもらいやすく、結果として行動につながりやすくなります。

放映するCM枠を検討する

テレビCMには様々な放送枠があります。テレビ番組や視聴時間帯によって、届きやすいCM枠が違ってきます。ターゲットを設定したら、そのターゲットがよく見ている枠に放送できるよう検討しましょう。

インターネット広告・Webへの展開を検討する

テレビCMは有効な手段である一方、「テレビ離れ」という言葉も聞かれます。実際、NHK放送文化研究所「国民生活時間調査2020」によると、若年層(10~20代)ではテレビよりもインターネットを見ている時間が長いという結果になっています。※https://www.nhk.or.jp/bunken/research/yoron/pdf/20210521_1.pdf

テレビCMに流す動画を制作したら、その素材を活用してインターネットへの展開も考えると、より一層幅広い層へのリーチが期待できます。また、インターネットで触れた広告の場合、興味があればそこからすぐにホームーページや購入・予約ページに遷移でき、行動につながりやすいです。

インターネット広告の際は、テレビCMよりも「短時間で引き付ける」「音声なしでも伝わる内容」であることが重要です。途中でスキップされる可能性もあるので、冒頭で惹きつけられるような構成を検討するのがポイントです。また、インターネット広告は効果測定もできるので、実際の数字の動きを見ながら広告展開を検討することもできます。Youtube広告、SNS広告、Tverへの広告など、動画広告への横展開も合わせて検討してみてはいかがでしょうか。テレビCMとインターネット広告の相乗効果で、より多くのユーザーにリーチでき、認知拡大・売上向上の期待ができます。

テレビCMの作り方を工夫して、多くのユーザーにリーチしよう

多くのユーザーに強い印象を残せるという点では、テレビCMの意義は他の広告形態よりも高いです。制作の際にターゲットやメッセージを工夫することで、想定ユーザーに強い印象を残すことができます。また、インターネット広告やWebサイト等と連動させることで、同じ素材を使ってより広い層にリーチすることができ、実際の行動に結びつけることができます。テレビCMとインターネットの相乗効果を考えながら、効果的な広告制作を行いましょう。

オススメの記事

カテゴリー

Facebook

エムズのみんなの様子が見れちゃう!イベント情報や社内の様子、役に立つ広告の豆知識など様々なことが掲載されていますよ。

Twitter

エムズコーポレーション営業部の「今」を配信!街で気になった広告や、撮影や収録の裏側も。お客様のイベント情報も見逃せません。