株式会社エムズコーポレーション

採用・リクルート向け 会社紹介動画

求職者に御社のことをより詳細に知ってもらい、採用の効率化を図ります。

求人・採用で、こんなことありませんか?

  • 求人・採用サイト、雑誌からの応募がない
  • 応募はあるけれど、なかなか採用したい人材がいない
  • 入社しても、社員がすぐやめてしまう

求人・採用サイト、雑誌からの応募がない

求人サイトや求人雑誌は、たくさんの情報が掲載されている反面、情報が埋もれがちです。
数ある中で、運よく求職者の目に留まり情報を読んでもらえたとしても、静止画像と文字だけではなかなか御社のイメージを伝えることは困難です。
求職者としても、就職は自身の生活基盤を支える重要なイベントですので、就職先は慎重に選ぶでしょう。
しかし、企業を選ぶための情報が少ないと、求職者としても、自分に合った会社なのかどうなのか判断がつかないのです。

応募はあるけれど、なかなか採用したい人材がいない

応募はあるけれど採用したい人材がいないのは、もしかしたら「御社がどういう人材を求めているのか?」が伝わっていないのかもしれません。
書類選考や面接には、とても労力がかかります。
できれば数は少なくして、求めている人材を採用したいところです。

入社しても、社員がすぐやめてしまう

やっと条件が合致して採用に至った!これからの活躍に期待しよう!
と、喜んでいたのもつかの間、数ヶ月でその社員が辞めてしまった・・・。
こんな話もよく聞きます。
その場合の多くは、入社した社員が御社に持っているイメージのギャップによるものです。
「思っていたイメージと全然違う・・・」
「自分のやりたい仕事内容と違った」
「社内の雰囲気が自分に合わない」
など理由は様々ですが、これらのイメージギャップは、お互いのためにも事前に解消しておいた方が賢明です。

これらの悩みを解消できるのが、「採用・リクルート向け 会社紹介動画」です

採用・リクルート向け 会社紹介動画とは?

採用・リクルート向け 会社紹介動画とは、ただ単に御社がどんな業種でどういった会社なのかを紹介するだけではなく、社員の方のインタビューなどを交え、もう一歩二歩深く御社の魅力を伝える動画です。
職場での作業風景や社員様の生の声をインタビュー形式で紹介することにより、部署ごとの業務内容やその仕事の“やりがい”を具体的に伝えることができます。
こうすることによって、御社の持つ魅力をより分かりやすく伝えることができ、同時に求職者の“イメージギャップ”も事前に解消することができます。
文字や写真だけでは伝えられないことが、動画にはできるのです。

求職者が求人情報で重要視しているポイントとは?

1位はもちろん勤務地ですが、注目すべき点は2位の「仕事内容」です。

  • 1.勤務地・・・59.2%
  • 2.仕事内容・・・51.25%
  • 3.職種・・・37.2%

仕事内容を重要視されているのに、例えば「パソコンを使った簡単な作業」といった文言で応募をかけていたのでは求職者には響きません。
次に「入社を決めた際に重要視したポイント」は以下の通りです。

  • 1.仕事のやりがい・・・49.7%
  • 2.勤務地・・・45%
  • 3.長く働けるか・・・43.1%

これはつまり、自分にとって「この仕事にやりがいがあって、長く働けるか?」を重要視していることになります。
やりがいがありそうかどうか?
長く働けそうか?
ということを、紙面やフォーマット化されたWebページでの限られたスペースを使って、文字や写真だけで伝えるには限界があります。

メリット・特徴

  • 文字、写真だけでは伝えられない“やりがい”や“魅力”を伝えることができる
  • 求職者のイメージギャップを解消し、御社の求めている人材像を明確に示すことができる
  • 入社後のイメージギャップを減らすことができ、新卒・中途の早期退職者を減らすことができる
  • 結果的に、御社の採用における負担を減らすことができる

制作事例

では一体「採用・リクルート向け 会社紹介動画」とはどういった動画なのか? 弊社で制作させて頂いた、とりまつ畳様の採用・リクルート向け 会社紹介動画をご紹介いたします。

とりまつ畳様

【畳】という言葉が少し古風なイメージがありますが、それをリアルタイムで仕事にしている方々がいて、その古風さを、うまく今風に置き換えるようにしました。

必要な期間と費用

撮影場所やどのような内容にするかによって、期間と費用が変わってきます。
まずはお気軽にご相談ください。

採用・リクルート向け 会社紹介動画制作の流れ

  1. 1お打合せ、コンセプトを決める
  2. 2御社下見、ロケーション・ハンティング
  3. 3絵コンテを作成
  4. 4どのような映像を撮影する必要があるかを決める
  5. 5スケジュール調整
  6. 6撮影
  7. 7仮編集
  8. 8修正作業
  9. 9本編集
  10. 10完成

サービス案内一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top