広告コラム

広告コラム

採用サイト、ちゃんと作っていますか?求職者の求める効果的なコンテンツとは

企業の採用活動において、「採用サイト」の占める役割が大きくなっています。求職者は応募したい企業の情報をインターネット上のさまざまな媒体から集めているからです。企業と求職者のインターネット上の接点には、採用サイトや企業Webサイト、就職・転職ポータルサイト、SNSなどがあります。中でも、採用サイトを上手に活用することで、多くの求職者に企業の魅力を伝えることができ、人材獲得につながります

ここでは、採用サイトの作成を考えている採用担当者や経営者に向けて、採用サイトの重要性や作るべきコンテンツについて解説します。

採用サイトとは?

採用サイトとは、求人募集をしている企業が、採用のためだけのコンテンツを集めて作成するWebサイト(オウンドメディア)です。顧客向けの情報ではなく、求職者向けの情報のみに絞って運営されているところに特徴があります。少し前までは、求職者はリクナビやマイナビといった採用ポータルサイトで求人情報を獲得するのが当たり前でした。しかし、ポータルサイト上では掲載できる情報量にも限界があり、他社との差別化も付けにくいです。そこで、より豊富なコンテンツを持った採用サイトを作成し、多くの求職者にアピールする必要があります。

リクルートジョブズの調査によると、求人メディア利用者のうち、8割が企業の採用ホームページも閲覧。閲覧した中で6割は「応募意欲が高まった」と答えています。このデータからも、採用サイトが大きな意義を持っていることが分かります。※参考:https://www.recruit.co.jp/newsroom/recruitjobs/press/pr20190708_1119.html

企業ホームページとはどう違う?

採用サイトは、企業情報などを載せたいわゆる「企業ホームページ」とは違うWebサイトです。「会社のホームページがあるから、採用サイトは不要」と思われる方もいるかもしれませんが、それは違います。企業ホームページは、投資家や顧客、取引先などに向けた情報(製品やサービスの情報、会社情報、プレスリリースなど)を伝えるのが役割。採用サイトは求職者向けの情報だけをまとめたコンテンツです。それぞれ求められている内容が全く違うので、別のメディアとして展開する方が情報を無駄なく伝えられます。

採用サイトはなぜ必要?採用活動で果たす役割

採用サイトは、求職者にむけて情報を伝える上で、以下の役割を果たします。

枠にとらわれず、企業の魅力を発信できる

自社の採用サイトは、載せられる情報の量も内容も自由に決められます。採用サイトのように画像枚数や載せられるコンテンツに制限がないので、自由に企業の魅力を発信できます。また、掲載料や広告料も必要ありません。

応募への意欲を高められる

企業のカラーを伝えることで、応募への意欲を高められます。応募数が増えれば、それだけ良い人材と出会える確率が高まります。

採用サイトでは多くの情報を発信できるので、採用ポータルサイトや企業訪問、企業説明会では伝えられない情報が伝わります。求職者にとって、職務内容や労働時間、賃金の情報はもちろん大切ですが、長い時間を過ごす職場の雰囲気を重視する求職者も多いです。エン・ジャパンの調査によれば、女性の転職者のうち、9割は「職場の雰囲気を重視する」と回答しています。※参考:https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/15308.html

会社の雰囲気や働いている様子、1日のスケジュール、入社後のキャリアビジョンなどが見られることで、自分が実際にその会社で働いている姿がイメージできます。具体的にイメージさせることで、志望度合いを高められます

人材のミスマッチを防ぐことができる

たくさんの情報を出せば出すほど、その内容に共感する人のみが応募するようになります。つまり、入社後のミスマッチを防ぐ効果も期待できます。求人票記載の情報のみで入社すると、「思っていた仕事と違う」「イメージと違う」とミスマッチにつながり、早期離職の可能性が高まります。せっかく採用した人材に長期に渡り活躍してもらうためにも、応募の段階でしっかり情報を開示して、見極めてもらうことが大切です。

トレンドは?採用サイトに求められるコンテンツ

採用サイトは企業が自由に作成できる分、「何を載せていいかわからない」と手が止まってしまうリスクもあります。そこで、魅力的な採用サイトに掲載されているコンテンツについて、簡単に紹介します。これらのコンテンツをもとに作成すれば、求職者の求める内容をアピールできますので、参考にしてください。なお、デザイン上のトレンドや見た目の遊び心を追求するのも大事ですが、それよりも「コンテンツの質」が重視される傾向にあります。ついつい凝ったデザインやアニメーションでのインパクトを考えがちですが、あくまでも「中身第一」で進めましょう。

事業内容

そもそも何をやっている会社なのかを伝えます。将来性や成長性に期待する求職者も多いので、しっかりアピールしましょう。背景にある理念や思いを伝えると、より深い理解が得られます。

仕事の内容

どのような部署があり、それぞれがどんな仕事をしているのか。実際の写真や動画を踏まえて、リアルにイメージしてもらえるように紹介しましょう。

働く人や社風

どんな人が働いているのか、先輩社員へのインタビューコンテンツは鉄板です。会社独自のルールや習慣などがあれば、それも余すことなく伝えましょう。実際のオフィスや共用部の写真も掲載するといいですね。

選考プロセス

どのようなフローで選考が進むのか、スケジュールなどをまとめて分かりやすく提示しましょう。

福利厚生

ワークライフバランスについても深堀りしましょう。産休・育休やその他の休暇制度の紹介や、実際の取得状況なども書かれていると、求職者の不安感も減らせます。

採用動画

実際の働いている様子や社員インタビューは、動画で作成するのもおすすめです。スマホで簡単に撮影できるので、コンテンツを執筆するよりもむしろハードルは低いとも言えます。

いずれも、飾った内容を掲載するのではなく、あくまでも赤裸々に会社の情報を伝えるのが大事です。時にはデメリットとなり得る情報でも、伝えることで信頼感も増します。ありのままの会社を知ってもらえるよう、さまざまな角度からコンテンツを作成しましょう。

採用サイトを活用して、良い人材と出会おう

採用サイトは、いい人材とつながるための一番の手段です。求職者の求めるコンテンツを作成していく中で、求める人材像もより明確になり、採用活動もよりスムーズに進むはずです。会社のカラーを上手に伝え、より多くの人材からの応募が得られるような採用サイトが作成できるといいですね。

オススメの記事

カテゴリー

Facebook

エムズのみんなの様子が見れちゃう!イベント情報や社内の様子、役に立つ広告の豆知識など様々なことが掲載されていますよ。

Twitter

エムズコーポレーション営業部の「今」を配信!街で気になった広告や、撮影や収録の裏側も。お客様のイベント情報も見逃せません。