株式会社エムズコーポレーション

交通広告

特定のエリアの社会人・学生に効率良く、繰り返しの訴求が可能

様々な交通機関や交通関連施設や移動車両のスペースを利用して展開される広告のことを交通広告といいます。
主に車内広告・駅構内広告・車体広告の3つに分類され、それぞれ効果が違います。

車内広告

車内中央の天井から下げる「中吊」、網棚上・窓・ドアの上に掲載する「まど上(額面)」、ガラス面やドアに貼り付ける「ステッカー」があります。
車内に一定時間滞在していることから、接触時間が長い為、広告の精読率が高いので、内容を読ませるような説得型の訴求に適しています。

おすすめ媒体はこちら

業務案内タイアップポスター
中吊りフリースポット

駅構内広告

歩いている時に接触することが多くキャンペーンや商品やブランドPRに適している媒体で、ポスターでPRする「駅ばり」をメインとし、「電飾看板」などの固定型の広告、柱に巻くタイプの「アドピラー」、床を利用した「フロア広告」など臨時に掲出できる広告があります。
「駅ばり」はポスターのビジュアルを活かしてアピールします。
さらに同じポスターを連続して貼り出す「連ばり」でインパクトのある演出をすることができます。「電飾看板」は、長期間の掲出ができるので、駅近郊の施設などの案内などに利用されます。
また、駅構内全てをイベント的に利用する「駅ジャック」などでは「アドピラー」や「フロア広告」が用いられます。
歩行時に接触することが多く、キャンペーンや商品・ブランドイメージの訴求に適しています。

おすすめ媒体はこちら

特設看板広告
デジタルサイネージ
駅ポスター臨時貼り

車体広告

バスや電車、飛行機、タクシーなど車両全体に広告をデザインしたものです。普段見慣れている車両のビジュアルがデザインによって変化したインパクトで、注目を集めます。

おすすめ媒体はこちら

ラッピング電車、地下鉄
ラッピングバス

メリット・特徴

  • パブリックスペースと一体化して、自然に訴求が可能
  • 繰り返しの訴求でフリークエンシー効果が可能
  • 街ジャック・駅ジャックでインパクト強大

毎日利用する電車やバスなどは、一定時間そこにとどまる必要があるため強制的に広告に目がいく矯正視認性が高く、車移動が多い地方都市よりも、通勤や通学でバス・電車を利用する人が多い都市部に強いのが特徴です。
通勤・通学時に広告に接触することが多く、繰り返し接触する可能性がも高くなるので、反復訴求することで記憶・認知を十分に高めることができます。
また、掲出する地域や路線、駅などを絞り込むことができるので、そのエリアでビジネス展開する商業施設や不動産、学校などの訴求に利用するのが効果的です。
また、駅構内広告では売店で販売されている飲料やお菓子、嗜好品、雑誌などの広告に商品購買前に接触することで、ラジオCMと同じく広告効果が高まる「リーセンシー効果」が期待できます。

料金の仕組

交通広告は、駅や路線、交通機関の利用人数に比例します。
乗降客数の多い路線・駅、スペースが大きくなると料金も高くなります。

交通広告の流れ

  1. 1打合せにてターゲットや表現コンセプトなど大まかな内容を決める
    交通広告の締切は、前々月までなど早いことが多いため、掲出日や掲出先なども早めに決定し動く必要があります。
  2. 2広告のご提案
  3. 3納品 → 掲載

サービス案内一覧へ戻る

お問い合わせをする

交通広告の制作実績

Return Top