交通広告

交通広告

エリアでの絞り込みに強い!
自然と目に付く広告

交通広告
交通広告ってどれがいいのかいまいち…
電車などの車内で見る紙媒体だけでなく、動画車体ラッピングにも広告を出すことができますよ!
そうなの!?

交通広告の種類

主に「車内広告」「駅構内広告」「車体広告」の3つに分類されます。

車内広告
車内に一定時間滞在しているので、[内容を読ませるような説得型の広告]がオススメ!
駅構内広告
歩行時に接触することが多くキャンペーンや商品・ブランドイメージの広告がオススメ!
  • 駅貼りポスター
  • 看板広告
  • アドピラー
  • フロア広告
  • デジタルサイネージ
車体広告
車両全体に広告をデザインしたものです。インパクトのある広告を出したい方にお勧め!
  • ラッピングバス
  • ラッピング電車・地下鉄

メリット・デメリット

交通広告をご検討されている人の中には、
これまでに交通広告を出したことがない方も多くいらっしゃいます。
そんな方も検討する際の材料として
交通広告のメリット・デメリットを知っておきましょう。

○ メリット
  • 高い接触率を確保、大勢に自然と視認される!
  • エリアを絞り、無駄なく広告できる。
  • 繰り返し見ることで訴求効果が起きやすい。
  • 公共性が高いので、信頼感がある。
× デメリット
  • 締切が早い。
  • 初期費用が高いものもある。
  • 他社の広告と同じ大きさで並ぶので差別化がしにくい。
  • 広告掲載による効果を数値的な測定が難しい。

掲出日や掲出先を早く決めることががポイント!

『交通広告ができるまで』

  1. 打ち合わせ
  2. 広告のご提案
  3. 納品
  4. 掲載

料金について

  • 中吊り広告
  • ドア横ポスター
  • 窓上額面ポスター
  • ステッカー
  • 駅貼りポスター
  • 看板広告
  • アドピラー
  • フロア広告
  • デジタルサイネージ
  • ラッピングバス
  • ラッピング電車・地下鉄

Facebook

エムズのみんなの様子が見れちゃう!イベント情報や社内の様子、役に立つ広告の豆知識など様々なことが掲載されていますよ。