広告コラム

広告コラム

センイル広告(応援広告)とは?韓国で話題のファン広告、出稿方法や日本での事例を紹介

「センイル広告」という言葉をご存知ですか。韓国発祥の広告文化で、ファンが出稿する「アイドル(芸能人)を応援するための広告」のことを指します。交通広告や街頭ビジョンの広告、ラッピングバスなど広告の媒体は多様。新たな広告文化として注目を集めています。もしかすると、日本でもセンイル広告(応援広告)が文化として根付くかもしれません。

 

今回は、ファンが主体となった新しい広告の形「センイル広告」について、事例や注意事項について解説します。

 

応援広告とは?韓国発祥・ファン主体のユニークな広告文化

センイル広告(応援広告)とは、韓国生まれの広告文化です。韓国のK-POPアイドルファンが、自分の”推し”を応援するために自ら出す広告のことです。おもしろいのが、アイドルが所属する事務所や企業がお金を出すのではなく、一般のファンたちがお金を出し合って広告を出している点

 

通常広告は商品やサービスの宣伝のため、営利目的で出すことを想定しています。しかし、センイル広告は「アイドルを有名にしたい」「なにかアイドルに喜ばれることをしてあげたい」というファン心理で出されるものです。そのためセンイル広告の多くは「応援するアイドルの画像」がメイン。それにファンからのメッセージが添えられているというのがよくあるパターンです。

 

センイルとは、韓国語で「誕生日」のこと。主にアイドルの誕生日を祝うために、その1日限定で派手な広告を展開することからこう呼ばれています。日本でも、SNSを中心にアイドルや二次元キャラクターの誕生日を祝うファンアートがよく見られますが、それをさらに派手に展開したもの、と考えると分かりやすいかもしれません。

出展:毎日新聞コラム

誕生日を祝う広告の他に、アイドルの記念日に合わせた「周年広告」(結成3周年など)や、イベントや新曲リリースを祝う広告もあります。

韓国で応援広告文化が生まれた背景

そもそも、なぜ応援広告という文化が生まれたのかと言うと、韓国の公開オーディション番組「PRODUCE 101」の影響が大きいようです。国民がプロデュースするという参加型の企画が熱狂を集め、ファンがお金を出してアイドルを応援するという地盤につながったと考えられます。

 

※「PRODUCE 101」は、参加する練習生の中から、国民が投票してプロデビューする人を決めるというオーディション番組。投票のためにはお金がかかるので、お金をかける=応援という意識が定着したと想定されます。日本で人気のJO1も、この番組から生まれたアイドルなのです。

 

応援広告・センイル広告で使われる広告メディア

応援広告は、「アイドルの存在を多くの人に知ってほしい」というのがファンの大きな動機なので、目立つ・派手な広告媒体が選ばれがちです。

 

例えば、本家韓国では地下鉄広告(駅の中に掲示されるポスター広告)が目立ちます。また、街頭ビジョンで映像を流す広告も、その派手さと訴求力から好まれます。

出展:twitter

世界中に気軽に発信できるSNS広告(InstagramやYoutubeを使った広告)もよく使われています。

 

また、韓国ではコーヒー文化が普及しているため、コーヒーのカップホルダーに広告を出す「カップホルダー広告」も人気です。これはアイドルの広告を手元に残せる点がメリット。韓国には、カップホルダー広告を専門に担う広告会社もあるほどです。

 

他にも、ラッピングバスやラッピング飛行機など、大掛かりな交通広告を展開したファンもいました。

 

日本でセンイル広告は広まる?出稿時の注意点

韓国アイドル好きの方を中心に、日本でもセンイル広告・応援広告を出稿したいという動きもあります。K-POPだけでなく、日本にも多様なアイドル文化がありますから、流行する可能性は少なくありません。

 

ただ、日本でセンイル広告を出すには「肖像権」や「著作権」の大きな壁があります。日本の芸能事務所の多くは肖像権の管理に厳しく、勝手に写真を使って広告を出すと、取り下げを求められたり、訴訟を起こされたりという可能性があります。例えば、ジャニーズ事務所はWeb媒体への写真素材提供もかなり厳しいですよね。

 

もし、日本で写真入りの応援広告を出したいと思ったら、事務所や当人に素材利用の許可を得る必要があります。そして、この点のハードルが高いというのが本当のところです。広告代理店側も、権利をクリアしていなければ広告を出してくれません。日本でも、SMAPが解散を発表した2016年に、ファン有志がSMAPへの感謝を綴った新聞広告を出したことが話題になりました(ただし写真素材はなし)。ファンから推しに向けて気持ちを伝える手段として、活用するためには、やはり写真素材を使いたいところです。芸能事務所が応援広告を認め、利用可能な素材を提供する…という動きが生まれると、日本でも応援広告は広まりやすくなると思います。

 

ちなみに、韓国の場合は応援広告が文化として根付いていることもあり、タレントの宣伝にもなるため、ファンによる広告が黙認されているというのが実情のようです。

 

日本で応援広告が根付くには、まだ少し時間がかかるかもしれません。しかし、少しずつ日本での事例が増えてくるに従って、韓国のように気軽に応援広告が出せる環境が整う可能性があります。ファンが推しへの愛を伝える手段としての「広告」が日本でも広まるのか、最新の動向に注目です。

 

オススメの記事

カテゴリー

Facebook

エムズのみんなの様子が見れちゃう!イベント情報や社内の様子、役に立つ広告の豆知識など様々なことが掲載されていますよ。

Twitter

エムズコーポレーション営業部の「今」を配信!街で気になった広告や、撮影や収録の裏側も。お客様のイベント情報も見逃せません。