広告コラム

広告コラム

インターネットで集客したい!中小企業にオススメのWeb広告の種類は?

今やマスメディアの広告費に迫る勢いで成長を続けているのが、ネット広告です。日本国民の約90%がインターネットを利用しているというデータもあり、個人の好みや行動に合わせて細かくターゲティングできるネット広告は、中小企業でもしっかり成果を出せる広告媒体です。

少ない予算からでも始められ、売上や集客に繋げられるネット広告。技術の進化に伴い広告の種類も多様化し、より目的に合わせた広告選びができるようになりました。今回は、これからネット広告を展開したいと考えている方向けに、どんな種類の広告があるのか、それぞれの違いは何かという基本知識を解説します。

そもそもネット広告のメリットは?

インターネット広告とは、Web広告やデジタル広告とも呼ばれ、Webサイトやメールに表示され、ホームページへの来店を促す広告です。不特定多数に向けた従来のマス広告とは違い、ユーザーの現在地や年齢、性別、行動履歴などに応じて、広告を表示する人を選べるターゲティング性があります。

また、クリックや購買行動など、広告を見たユーザーの行動をデータ解析できるので、効果を見ながら改善し、費用対効果を高めていくことができます。予算も小規模で始められ、期間を区切った運用も可能なので、中小企業にも始めやすい広告形態です。

中小企業にオススメのネット広告は?

インターネット広告にはたくさんの種類があります。ただ、広告形態によってはマスメディアに出稿するのと変わらないくらい大規模な予算が必要なものや、動画作成など高度なコンテンツ作りが必要なものもあります。

これからネット広告を始めたい、という中小企業にオススメなのは、リスティング広告ディスプレイ広告(バナー広告)です。

検索画面に表示する「リスティング広告」

GoogleやYahooなどの検索結果画面に出稿できる広告のことです。ユーザーが検索したキーワードに応じて、広告テキストを柔軟に変更できるのが特徴です。検索する=その情報についてのニーズが強いユーザーに向けて広告を出せるので、効果的にアプローチできます。少ない予算で始められ、単価と広告の内容によってはすぐに上位表示されるので、即効性が期待できる広告です。

Web上のいろいろなところに露出する「ディスプレイ広告」

Webページやアプリ内の固定の枠に表示される広告です。テキストだけでなく、バナー画像や動画など、視覚的にアプローチできるのが特徴です。

「クリック課金」の他、広告の表示回数に応じて料金が加算される「インプレッション課金型」がメインです。

掲載場所は多様で、YoutubeやYahooなどのトップページや、記事と記事の間へのバナー挿入も可能です。年代や性別、地域ごとにターゲティングをしたり、過去の閲覧履歴に応じた広告の出し分けをしたりできます。

リスティング広告とディスプレイ広告の使い分け

リスティング広告とディスプレイ広告の違いは、表示場所、表示内容、ターゲット層の3つに分けられます。

リスティング広告はテキストのみで検索結果に表示されるのが特徴。キーワード検索を行う顕在層(ニーズがはっきりしているユーザー)にアプローチするのに効果的です。検索数の多いキーワードはその分広告費も高くなってしまうので、ニッチなワードを取り入れて広告運用することで効率的に売上につなげることができます。

ディスプレイ広告は、テキスト・画像・動画でWebサイトやアプリの広告スペースに幅広く表示されます。事前に設定したターゲットユーザに対して広告を受動的に表示させるので、潜在ユーザーにアプローチできます。複数のメディアに繰り返し掲載されるので、プロモーションの幅も広がります。認知度を高めたいときなどに有効です。

簡単にまとめると、

・リスティング広告は顕在的なニーズにアプローチ

・ディスプレイ広告は潜在的なニーズを引き出す

という使い分けができます。

どちらの広告形式でも、クリック数やクリックしたユーザーのその後のコンバージョン状況を分析できます。広告効果を分析し、改善していけるのはインターネット広告の大きなメリットでもあります。

目的や予算に応じて広告を考えよう

今回はディスプレイ広告とリスティング広告に絞って詳しくお伝えしましたが、他にも

動画広告(Youtubeなどに配信し、認知拡大を図る)
記事広告(媒体の記事と似た体裁のコンテンツ)
ネイティブ広告(媒体の記事一覧に表示され、誘導する)
SNS広告

などインターネット広告には様々な種類があります。

 

広告の目的や予算、商材、ターゲット層によって最適な広告は違います。ネット広告で成功するためには、適切な媒体選びが必須です。自分たちで決めるのが難しい、不安だという場合は、ネット広告に強い広告代理店に依頼するのがオススメです。媒体の提案から、広告コンテンツの作成、管理運用まで依頼でき、出稿に関する手間もかかりません。

より多くの売上につなげるため、まずはネット広告を検討してみましょう。

オススメの記事

カテゴリー

Facebook

エムズのみんなの様子が見れちゃう!イベント情報や社内の様子、役に立つ広告の豆知識など様々なことが掲載されていますよ。

Twitter

エムズコーポレーション営業部の「今」を配信!街で気になった広告や、撮影や収録の裏側も。お客様のイベント情報も見逃せません。