株式会社エムズコーポレーション

交通広告のメリット・デメリット 他媒体と比較した特徴は?

電車やバスの車内、駅の構内、バスやタクシーの車両そのものなどのスペースを活用して展開される「交通広告」。誰しも、日常のふとした瞬間に目にしたことがあると思います。

交通広告にはどのようなメリット・デメリットがあり、他の広告媒体と比べてどのような特徴があるのか?について、この記事でわかりやすくご紹介します。交通広告の出稿を検討されている方は参考にしてください。

交通広告のメリット

まず、交通広告のメリットを整理してみます。

接触率が高い

テレビ、雑誌、インターネット、ラジオとメディアが多様化する中で、交通広告は高い接触率を確保することができます。例えば、主要駅の1日の乗降人員を見てみると、名古屋駅は約41万人、新宿駅は約358万人。これだけの人の目に強制的に視認させられるので、高い効果が期待できます。

エリアセグメントができる

実店舗の広告をする際には、エリアセグメントが大きな強みとなります。出稿エリアを絞り、店舗近くの路線だけに広告を掲載できるからです。集客が見込めない路線や駅へは出稿しないことで無駄な広告費の削減に繋がり、効率よく宣伝することができます。

また、誘導や道案内としての活用が可能なのもメリット。「○番出口を出て5分」という広告を出すだけでも、集客効果が期待できます。

反復訴求効果がある

通勤・通学で交通機関を使う場合、毎日同じ駅を使います。ほぼ毎日広告に接触するので、認知率を高めることができます。同じメッセージを繰り返し伝える「反復訴求効果」が起きやすいので、来店や購入に繋がりやすくなります。

公共性が高い

誰でも見ることができる広告は公共性が高く、潜在的に「信頼できる広告」というイメージを持たれます。ブランディングの面でも活用するメリットがあります。

交通広告のデメリット

交通広告ならではのデメリットもあるので、利用の前にはしっかり検討が必要です。

申込みから掲載まで時間がかかる

交通広告は公共性が高い媒体であるため、掲載にあたっては審査が厳しくなる傾向があります。指摘があれば修正からの再審査が必要となり、掲載までには時間がかかります。すぐに広告を開始したいという場合には向かないでしょう。

広告の差別化が難しい

例えば車内広告の場合、同じサイズの広告スペースに他の広告と並んで掲載されることになります。どうしてもインパクトに欠けがちなので、埋もれることが無いよう、デザインについては慎重な検討が必要です。

効果測定が難しい

例えば、Web広告であれば、その広告経由でどのようなアクションがあったかの効果測定をつぶさに行うことができます。しかし、交通広告の場合はその広告がどの程度効果を発揮したのかの数値的な把握が難しいため、広告効果を高めるための分析を行いにくいという弱みがあります。

他媒体と比較した交通広告の特徴

他の主な広告媒体であるテレビ、新聞、雑誌、インターネットと比較して、交通広告にはどのような特徴があるのかを見てみましょう。

ターゲット層の違い

■交通広告
サラリーマンや学生の行動を広くカバーできる。駅や路線により居住層も異なるので、ターゲット層を絞った訴求ができる。出稿地域を選択することで、全国・地域限定の両方に対応可能。

■テレビ広告
ほぼすべての世帯で視聴可能で、世代を問わずに広告できる。特に、在宅率の高い主婦層や高齢者層に強い。番組時間帯により、ターゲット層を選択できる。

■新聞広告
全国から地域限定まで、エリア層を限定するのに適する。テキスト量の多い“読ませる”メッセージに優れている。

■雑誌広告
全国展開なので地域セグメントは難しい(地域発行の雑誌やフリーペーパーは除く)。趣味嗜好によるセグメントができるので、細かいターゲットに合わせて的確な訴求が可能。刊行時期により、タイムリーな広告ができる。

■ネット広告
若者を中心に、メディアに接する時間が増えており、全国・地域限定を問わず細かなターゲティングが可能。キーワードやターゲティング設定により、潜在層にピンポイントで訴求できる。

どのように広告に接するか

■交通広告
移動中に強制的に目に入る。長時間に渡り目に触れる機会があるが、スマホや読書などとのながら接触が多い。

■テレビ広告
受動的に目に入る。短時間だが強い印象を残す。録画視聴の場合は飛ばされる懸念も。

■新聞広告
能動的に読まれる。興味がなければ読まれない。

■雑誌広告
能動的に読まれる。興味がなければ読まれない。

■ネット広告
検索画面や閲覧サイト・アプリなどの画面で受動的に見られる。

広告の反復性

■交通広告
通勤・通学のユーザーにとっては、ほぼ毎日目にすることになる。

■テレビ広告
同一番組に提供すると、継続的に反復され、印象に残る。

■新聞広告
反復性は低い。

■雑誌広告
一定の反復性が期待できる。

■ネット広告
繰り返し目にするような出稿設定も可能。

強みを生かして、交通広告を活用しよう

一言で交通広告と言っても、掲載箇所も枠もさまざまです。交通広告を成功させるためには、ターゲット層や広告戦略を明確にし、交通広告のメリット・デメリットを総合的に勘案した上で出稿を決定することが重要です。低コストで始められる媒体とは違い、出稿に費用も必要になるため、本当に費用対効果が見込める広告枠か慎重に見極めてください。

自社にピッタリの広告枠が見つかれば、強力なツールとなることは間違いありません。交通広告を賢く活用し、効果的なマーケティングを目指しましょう。

交通広告について詳しく

交通広告を検討してみたいという方、サービス案内のページにも事例とともに紹介いておりますので、ぜひご覧ください。
https://www.e-ms.co.jp/service/train/

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top