株式会社エムズコーポレーション

ジャンル別で分析!フリーペーパーの配布場所はどこがいい?

店舗や駅などに無料で配布されているフリーペーパーには、様々な種類があります。

美容やグルメ、地域の情報、住宅関連などの業種によってフリーペーパーの種類が変わってきます。 フリーペーパーの種類に伴ってターゲットも変わってくるため、読まれやすい効果的な配布場所も違います。

今回は人気のフリーペーパーの配布場所とともに、フリーペーパーのジャンル別に効果的な配布場所をご紹介します。

女性向けフリーペーパーは女性が集まる場所が最適

美容やファッション、メイクなどの女性をターゲットのジャンルのフリーペーパーは、おしゃれなカフェやサロン、OLが多い職場に設置するのがおすすめです。

おしゃれなカフェでは女子会が行われることが多いです。 また、美容院やエステサロンなどには美意識が高い女性が集まります。

OLが多い職場に設置すると、休憩中などに読んでもらえる可能性が高いです。

女性向けのフリーペーパーで人気な「bangsTOKYO」は、USENが発行しているフリーペーパーです。

女性向けの美容サロン情報やファッションカルチャーなどの情報が掲載されており、人気の女性タレントやモデルがカバーになっているため、美意識の高い女性の目に留まりやすいです。
「bangsTOKYO」は、東京や神奈川の駅やおしゃれなカフェ、美容サロン、美容専門学校などで配布されています。

女性向けフリーペーパーでは株式会社ぱどが発行している「L’alaPado(ラーラぱど)」も人気です。
「L’alaPado」には、東京版だけではなく大阪版、広島版、福岡版などがあります。

主にOLが多い職域で配布されており、そこから広がって駅などのラック設置などもされています。

飲食系フリーペーパーはコンビニや飲食店がおすすめ

地域のグルメ情報やおすすめのカフェなどが掲載されているフリーペーパーは、同ジャンルのコンビニや飲食店に設置するのがおすすめです。

例えば、飲食系フリーペーパーで人気の「ライカラ」は、岐阜市内から大垣市内周辺のグルメ情報が掲載されているフリーペーパーです。
友達や恋人、一人でも行けるようなカフェや飲食店がたくさん掲載されています。

岐阜市内から大垣市内周辺の店舗のみのため、配布場所は、岐阜市内から大垣市内のサークルKなどのコンビニやイオン、アピタなどのショッピングモールに限定されています。

エンターテイメント系は専門店や書店などが多い

映画やアート、カメラなどのエンターテインメント系のフリーペーパーは、そのジャンルにまつわる専門店や書店などで配布するのがおすすめです。

映画に関するフリーペーパーであれば映画館、アートに関するフリーペーパーであれば美術館など、フリーペーパーのジャンルに合わせて配布場所を決めると、読んでもらえる確率が上がります。

例えば、写真愛好家に人気の「四季」は、10年前に発足されたNPO法人フォトカルチャー倶楽部が発行しているフリーペーパーです。
NPO法人フォトカルチャー倶楽部は、写真愛好家が集うために発足されたコミュニティであり、コミュニティ会員や新規会員に向けて発行されているフリーペーパーが「四季」です。

配布場所はカメラのキタムラの国内1000店舗で、フォトカルチャー倶楽部の会員にも別で配布されています。

他には、読書家アート系のフリーペーパー「DayArt」もあります。

「DayArt」は、「日常にもっと読書やアートを取り入れてほしい」というコンセプトのもと発行されているフリーペーパーで、全国の美術館やギャラリー、都内の書店、古書店、カフェなどで配布されています。

タウン誌・住宅誌系は駅のラック設置やポスティングが最適

地域の情報が掲載されているタウン誌系や賃貸や不動産関係の住宅誌系フリーペーパーは、その地域の駅のラックへの設置や住宅に直接ポスティングするのがおすすめです。地域の人たちがよく集まる場所に設置すると、読まれる確率が上がります。

例えば、名古屋市の港区に限定して発行されている「港区フリモ」は、名古屋市の港区の住宅に直接ポスティングされています。 名古屋市港区にまつわるタウン情報やおすすめのお店が、クーポン付きで紹介されているため、毎月チェックしている読者が多いです。

他には、神戸のFM局のKiss FM KOBEが毎月発行している「Kiss PRESS」も神戸のタウン情報のフリーペーパーとして人気です。 「Kiss PRESS」は、神戸周辺の地下鉄の駅や街頭のラック、神戸だけではなく兵庫県全域や京都、大阪などのCDショップなどで配布されています。

まとめ

内容が充実したフリーペーパーでも、ターゲット層があまり集まらない場所で配布すると、読んでもらえる確率が下がってしまいます。

せっかくのフリーペーパーが読まれないまま終わってしまわないようにするためにも、最適な場所で配布するのがおすすめです。

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top