広告コラム

広告コラム

HPのSSL化はなぜ必要?対応しなかった場合のリスクと、https化するメリットを分かりやすく解説

あなたの管理しているWebサイトは、「SSL化」できていますか?「SSL化、聞いたことはあるけど何もしていない」「お金がかかるからやらない」「やらなくても大丈夫では?」と考えている人もいるかもしれません。

しかし、SSL対応はセキュリティ・ユーザー対応・SEOなどあらゆる角度から重要な施策です。ここでは、SSL未対応の場合のリスクと、対応するメリットについて分かりやすく解説します。未対応の方は、この機会にぜひ対応を進めてください。

SSLとは?

SSLとは「Secure Sockets Layer」の略で、インターネット上のやり取りを暗号化して送受信する仕組みのことを指します。SSL化することでお客様が入力した個人情報等を暗号化して送信し、万一その送信過程で悪意ある第三者が情報を窃取・改ざんを試みても情報は暗号化されており窃取も改ざんもできず、お客様の個人情報を安全に送信できるといった効果が期待できます。

以前は、ID・パスワードや氏名、クレジットカード情報などの個人情報を入力して送信するページのみSSL化を行うこともありましたが、今はすべてのページでSSL化をする「常時SSL対応」が求められています。

SSL対応されているかの確認方法

自分のWebサイトがSSL対応しているか確かめたいと思った時、簡単にチェックするのは「ウェブサイトのアドレスを見る」方法です。SSL対応されたWebサイトは、鍵マークがついている、またはアドレスが「https://~」という表示になります。Google chromeを使っている場合、ブラウザに鍵マークが表示されます。

ちなみに、SSL対応できていないWebサイトの場合は、以下のように「保護されていない通信」と表示されてしまいます。

SSL対応はなぜ必要?

SSL対応を行うと、①セキュリティ対策になり、ユーザーに安心感を与えられる②SEO対策への効果の2点がメリットとしてあげられます。

セキュリティ向上、ユーザーに安心感を与える

SSL対応ができていると、第三者のなりすましやデータの盗聴、データの改ざんを防げます。インターネット上で個人情報などをやりとする機会も増え、万一不正アクセスでデータが流出してしまった場合の損害は大きくなります。そこで重要なデータを暗号化し、安全に通信を行うことが求められています。暗号化されているかどうかはブラウザ側にも表示され、場合によっては警告も表示されます

ちなみに、2018年10月以降、SSL未対応のHPにあるフォームに入力すると、「保護されていない通信」の警告が赤く強調表示されます。SSL対応していないことでユーザーに不信感を与えてしまい、場合によっては離脱や問い合わせ数の減少などにもつながります。SSL化されていない=危険なWebサイトというイメージを持たれてしまいかねないので、ユーザーに安心感を与えるためにも、SSL対応は必要です。

SEO対策として有効

Googleは、2014年にSSL化対応を検索順位の決定要素にすることを公表しています。つまり、同じようなWebサイトが合った場合、SSL化したWebサイトのほうが検索順位の向上にいい影響があると言えます。

今はSSL化対応しているWebサイトも多く、SEO対策としては良質なコンテンツを作ることのほうが重要です。しかし、不利な要素を作らないためにも、常時SSL化には積極的に取り組みましょう。

HPへSSLを導入する方法

現在WebサイトがSSL未対応の場合、どうすればSSL化できるのか?について解説します。HPをSSL化するためには、運営者の実在性を確認したという電子証明書「SSLサーバー証明書」をサーバーにインストールする必要があります。これには、通信を暗号化するために必要な「鍵」と、「Webサイトの運営者」などの情報が含まれています。SSLには複数の種類がありますので、まずはそれらの違いから説明します。

ドメイン認証型

ドメイン名を所有していることを確認する、一番お手軽な方法です。ドメインだけで認証するので、組織の実在性などの確認はなく、個人事業主でも申請できます。費用は安く、無料で利用できるサーバーもあります。

企業認証型

ドメインの所有の上、運営組織が実在することも認証します。企業などの公式サイトに使われることが多く、書類審査なども行われます。ドメイン認証よりは信頼性が高いです。その分費用も高く、年間5万円~かかります。

EV認証型

企業認証に加えて、申請した企業が物理的・法的に存在しているかをより厳格に調査されます。最も信頼性が高い証明書です。費用は年間数十万円発生します。この認証を行うと、アドレスバーに組織名が表示されます。

価格を比較すると、ドメイン認証型<企業認証型<EV認証型

信頼性を比較すると、EV認証型<企業認証型<ドメイン認証型

となります。

利用する目的によってSSL証明書の種類を選び、申し込みましょう。ユーザーの個人情報の中でも、クレジットカードなど特にセンシティブなものを取り扱う場合は、信用も大切なので企業認証型やEV認証型を選ぶと安心です。世の流れに合わせてひとまず手軽に設置したいという場合は、ドメイン認証でも問題ないでしょう。

SSL証明書を手に入れたら、それをサーバーにアップロードします。利用しているサーバーによって操作は違うので、手引などを読んで方法を確認しましょう。難しい場合や操作に自信がない場合は、SSL対応を行ってくれる業者に相談するほうが結果的に早く済むかもしれません。

まとめ

セキュリティ向上のためにも、ユーザーへの信頼性という観点からも、SSL対応はWebサイト管理者にとって必須の対応になりつつあります。Webサイトのみで取引が完了することも多いため、データの信頼性を担保するというのは非常に重要です。安心して集客するためにも、SSL対応には積極的に取り組みましょう。

オススメの記事

カテゴリー

Facebook

エムズのみんなの様子が見れちゃう!イベント情報や社内の様子、役に立つ広告の豆知識など様々なことが掲載されていますよ。

Twitter

エムズコーポレーション営業部の「今」を配信!街で気になった広告や、撮影や収録の裏側も。お客様のイベント情報も見逃せません。