株式会社エムズコーポレーション

テレビCMには種類がある!2つの種類の特徴とは?

私達がいつも無意識に観ているテレビCMには、2つの種類があります。
その種類によって、特徴や効果が違います。
最近はスマートフォンの普及率が更に上がり、Web広告の需要が高まっています。

しかし、そんな中でも昔から定着しているメディア媒体のテレビの中で流れるCMは、定番広告となっています。
ここで、テレビCMの2種類とそれぞれの特徴をご紹介します。

テレビCMの2種類

テレビCMには、タイムCMとスポットCMの2つの種類があります。

その他には、収録スタジオで生放送によるCMを行う「生CM」や「生コマ」いう種類がありますが、主流となっているのはタイムCMとスポットCMです。

簡単にいうとタイムCMとは、その番組の提供スポンサーのCMを、CM枠で放送する広告のことです。

そのため番組によって、CMの内容が変わります。

それに対してスポットCMは、番組の提供スポンサーに関係なく固定で流れるCM広告です。

それぞれに放送期間や放送エリア、放送時間などが違うため、CMの内容によって種類の選択をするべきです。

CM以外の広告にも同じことが言えますが、ターゲットを狙って広告を出稿しなければ効果が得られません。

ターゲットを絞った上で、効果的な時間とエリア、期間にCMを放送できるように、まずは、タイムCMとスポットCMの特徴を知っていくことです。

タイムCMの特徴

タイムCMの長さは、最小単位で30秒です。
契約期間は半年が基本となっています。

タイムCMの特徴は、次の通りです。

ターゲットを絞りこめる

タイムCMの最大の特徴は、視聴者のターゲットを絞り込めることです。

テレビ番組はそれぞれに、放送される時間帯や内容によって視聴者のターゲット層があります。

自社のCM広告のターゲット層とテレビ番組のターゲット層を一致させることで、効果的な広告活動ができます。

提供クレジットがつく

タイムCMは、テレビ番組の提供を行ったスポンサーのCMが、CM枠で流れる仕組みになっています。

テレビ番組からCMに移り変わる時やしっテレビ番組が終わる時に提供のクレジットがつくため、CM広告の商品やサービス企業やメーカーなどのアピールに繋がります。

例えば、番組の終わりなどに「この番組は〇〇の提供でお送りします。」などのアナウンスがあります。

これによって、視聴者の中で提供に対する認知度が上がります。

提供社の予告がつく

安定して継続している定番のテレビ番組の中では、提供会社の予告が付くことがあります。

視聴者は、テレビ番組の間に放送されるCMの内容を知りません。

しかし、テレビ番組からCMに移り変わる前に、番組の中で提供会社の広告や名前を出すことで、さりげなく予告することがあります。

これによって、提供会社の認知度を上げることができます。

スポットCMの特徴

スポットCMは、番組の内容に関係なくテレビ局が定める時間に挿入されるCMです。

スポットCMの長さの最小単位は15秒です。

契約期間は自由設定となっています。

そのため、期間限定のキャンペーンなどのCMなどに活用しやすいです。

スポットCMは、番組と番組の間に設定されたステーションブレイク、または番組内に設定されたCM枠で放送されます。

スポットCMは、放送時間や放送期間、放送エリアなどをCM単位で自由に設定できるのが最大の特徴です。

タイムCMは、番組を通してターゲットの絞り込みができますが、スポットCMは放送時間や放送エリアなどから、ターゲットをさらに細かく絞り込むことができます。

設定の自由度が高いことでマーケティング活動がスムーズになります。

しかし、正しいマーケティングの知識を持ってプランニングしなければ、スポットCMの効果は上がりません。

短期間でたくさんのCMを放送したい場合にもスポットCMが最適です。

例えば、期間限定のキャンペーン実施のCMを短期間で集中的に放送したい場合に、設定の自由度が高いスポットCMが役立ちます。

また、CMの反応を見ながら、必要位に応じて設定を随時変えていくこともできるため、データーを元にCMの効果を上げる努力ができます。

まとめ

テレビは、定番のメディア媒体のため、CM広告の費用が比較的高めとなっておりますが、その分、宣伝効果は抜群です。

芸能人の起用などにより、テレビで大々的にCMすることでセールスを上げてきた企業が多数あります。

私たちの日常の話ネタのほとんどがテレビの中で知ったネタではないでしょうか?

それだけ影響力があるテレビのCMだからこそ、種類や特徴をよく知った上で、賢く活用できれば、顧客確保に効果をもたらしてくれるはずです。

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top