広告コラム

広告コラム

似ているようで違うC、R、TMマークの違いとは?商標を守り、侵害しないための基礎知識

会社や商品、サービスの名前は「商標権」で守られています。商標権とはその名前を独占できる権利のことで、新しい名前をつけるときには他社の商標を使ってはいけないという決まりがあります。商標権は自動で付与されるものではなく、登録したい人が登録する必要があります。その商標権を表しているのがRマーク。似たようなマークに、CマークTMマークがあります。目にしたことがある人も多いと思います。しかし、これらの違いを理解できていますか?

ここでは、よく目にする3つのマークの違いについてわかりやすく解説します。自社の商品やサービスを守るために、そして他社の商標を侵害するトラブルにならないように必要な知識です。商標権侵害を予防するための方法(自社が他社の商標権を侵害しないための方法、自社の名称を守るための方法)については後述します。

®マークとは

「®マーク」は、Registered(登録された)という単語の頭文字をとったマークです。「®マーク」が記載されている商品や会社名は、「その商標が登録されている」ことが分かります。例えば、「Windows®」など。®の記載に決まりはありませんが、登録商標の右上に記載されているケースが一般的です。

商標は特許庁に出願し、審査されて初めて名乗ることができるものです。ですので、みんながつけているからつけようかな、くらいの軽い気持ちで商品名や会社名の横にこれを記載するのはやめましょう。

日本における正しい商標登録表示は?

「®マーク」は登録商標を意味するマークと説明しましたが、実はこれは日本の商標法に基づく正しい表記ではありません。正しくは、外国の商標制度における登録商標(Registered Trademark)を意味するにすぎません。日本における商標登録表示は、「登録商標第○○○号」という表示方法で、商標法ではこの表示が推奨されています。

虚偽表示には罰則も

商標登録を受けていない商標(出願中・審査中の商標を含む)に、「登録商標第○○○号」の表示やこれとまぎらわしい表示(®マークや登録商標の文字)をつけた場合は、虚偽表示とみなされ、刑事罰の適用を受ける可能性があります。

TMマークとは

商標の右上や右下に小さく記載されているTMの文字は、「TMマーク」と呼ばれているものです。TMはTradeMark(トレードマーク)の略称で、商標登録や出願に関わらず、商習慣的に使われているものです。日本の制度に基づいているマークではありません。

TMマークを記載するメリット

TMマークを記載している会社名や商品名を、商標として使っているという意思表示ができます。特許庁によると、未出願の商標や出願中の商標について記載されることが多いマークとされています。参考:https://www.jpo.go.jp/faq/yokuaru/trademark/shouhyou_seido_faq.html#1-4

Cマーク(著作権マーク)とは

©マーク」は、「著作権」という意味のCopyrightの頭文字をとったものです。®と似ていますが、商標には関係なく、「著作権が発生したものにつけるシンボルマーク」という意味があります。登録が必要な商標権(®マーク)とは違い、著作権は著作物の創作に伴って自動的に発生します。ですので、著作物であれば誰でもこのマークを付与することができます。

©を記載するメリット

「©マーク」を記載することで、そのマークが付いたものが著作物であるということを見た人に伝えられます。自分の著作物について、著作権侵害に対する注意喚起ができます。

商標権侵害を防ぐためにできること

自分が侵害しないように気をつける」「自社の名称を守る」という2つの観点からお伝えします。

自分が侵害しないように気をつける

なにかサービスや商品の名称をつけるときには、他社が登録している商標を侵害しないように注意が必要です。そのために行いたいのが「先願調査」とも呼ばれる事前調査です。これは無料で誰でもできます。使うのは、J-PlatPat(特許情報プラットフォーム)というWebサイト(https://www.j-platpat.inpit.go.jp/)。出願中・特録済みの商標を無料で確認できますので、名前やロゴを考える前に一通り確認しましょう。自分では似ていないと思っていても、第三者が見て類似と判断されると商標権侵害の可能性も出てくるので、心配な場合は知財(知的財産権)に詳しい弁護士などの専門家に相談すると安心です。

自社の名称を守る

登録商標として出願し、登録されない限り、他社が似たような商品名・サービス名・ロゴを用いていても使用停止などを求めることができません。ですので、自社の名称を守るためには、商標特録の出願が重要になります。もし後回しにしていると、その間に他社がその名前を商標登録してしまう可能性があります。そうなると、たとえ自分たちが先につけていた名前でも、登録されている方が保護されるので、自社がその名前を使えなくなる可能性すらあります。

出願にはお金もかかりますし、書類の準備などに知識も必要になりますが、長い目で見て余計なダメージを被らないためにも、戦略的に出願を進めていくことが重要です。

商標権について正しく理解しよう

商標権は、ビジネスを展開させるために重要な意味を果たす権利です。自分が他社の商標権を侵害しないよう注意しなくてはならないのはもちろん、自社のサービス名や商品名を適切に保護することで普通名称化を防ぐことができます。

商標は早いもの勝ちなので、「売れ始めてから登録しよう」と思うと、その間に他社に商標が登録され、使用できなくなるリスクもあります。安心してビジネスを進めるためにも、必要に応じて商標権の出願を行いましょう。

オススメの記事

カテゴリー

Facebook

エムズのみんなの様子が見れちゃう!イベント情報や社内の様子、役に立つ広告の豆知識など様々なことが掲載されていますよ。

Twitter

エムズコーポレーション営業部の「今」を配信!街で気になった広告や、撮影や収録の裏側も。お客様のイベント情報も見逃せません。