広告コラム

広告コラム

幅広いターゲット層にアピールするならネットと交通広告

広告を出すのであれば、まず、自社がどのターゲット層へ向けて情報を発信したいのかを明確にしておく必要があります。
ネット広告は、ネット上に掲載することになるため、幅広い年代に向けて情報を発信することが可能。同じく交通広告も、交通機関が停車する駅やその近辺に掲載することになるため幅広い年代に向けた情報の発信が可能です。
広告の利用をお考えであれば、ネット広告と交通広告を併用するのがおすすめです。どちらも多くのターゲット層へアピールできるため、併せて利用することでさらなる効果が期待できます。

交通広告について理解する

交通広告がどういうものかを上記で簡単にご説明しましたが、詳細についてはよくわからないという人もいるのではないでしょうか。
そこで、交通広告の特徴や魅力、どういったターゲット層により高い効果を発揮するのかなどについてご説明します。

交通広告の特徴

”交通”とあることからわかるように、交通広告とは、JRや地下鉄などの交通機関や公共交通に関連した施設などに掲載される広告のことです。
交通機関は私たちが生活を送る上で非常に重要な役割を担っており、多くの人が日々利用しています。そのため交通広告は、企業が発信したい情報を伝達する媒体として非常に有効であるといえます。
交通広告による効果をより高めるための掲載場所として適しているのは、交通機関の利用者数が多い都市部です。なかでも東京のような大都市部であれば、より高い効果が期待できます。

ここでターゲットの大多数を占めるのは、サラリーマンやOL、学生です。
日々の通勤や通学に交通機関を利用する人は非常に多いため、あらかじめターゲット層を明確にしておけば、狙ったターゲット層に向けてしっかり情報を発信することが可能です。

交通広告の魅力

交通広告の魅力はなんといっても、多くの人に広告を見てもらえるという点です。どれだけ高品質な広告を制作したとしても、人目に触れなければ失敗に終わってしまいます。
その点、交通広告はその場所にいるすべての人に情報を発信できます。そして広告にインパクトがあればあるほど、多くの人の興味を惹きつけることが可能です。

また、販促誘導効果が高いという点も魅力のひとつです。デパートやスーパーから近い位置にある交通機関を利用すれば、広告から直接“購入・サービス利用”へと促すことができます。 ターゲットに行動を起こしてもらうためにはタイミングも重要です。交通広告なら広告を目にした直後、ターゲットの頭のなかにある情報が新鮮なうちに行動してもらえるので、商品・サービスを利用してもらいやすいといえます。

さらに、ターゲット層へ向けて繰り返し情報を発信できることから、ターゲットの記憶に自社の情報をインプットさせることができるという点もメリットの一つ。 つまり、企業が提供するサービスの魅力を広告でうまくアピールすることができれば、ターゲットの頭のなかに”サービスの良いところ”がインプットされることになります。

ターゲットに合わせて掲載場所を選ぶ

交通広告を利用するのであれば、もうひとつ押さえておきたいポイントがあります。それは、広告を掲載する場所としてどこを選択するかということです。
様々な年代に向けて情報の発信が可能な交通広告ですが、より明確にターゲット層を絞っておけば、無駄のない広告にすることができます。
ここでは、サラリーマン・OL、大学生をターゲットに絞った際に、広告を掲載する場所として適切なとこはどこなのかをご紹介します。

サラリーマンとOLをターゲットにするなら

サラリーマンやOLによる利用が多いのは、オフィスビルが立ち並ぶビジネス街にある駅や、郊外から都心へ向かう際にちょうど乗り換え場所となる駅。
こういった場所を選べば、日々の通勤時間を利用してターゲットの記憶に企業の情報をインプットさせることができます。また、駅だけでなく、車両内に広告を設置することも可能です。特に、女性に対して情報を発信したい場合には、女性のみが利用する”女性専用車両”を選びましょう。

大学生をターゲットにするなら

大学生の利用が多い駅といえば、大学や短大、専門校などといった教育機関が多い地域にある駅が挙げられます。
また、学校終わりや休日を利用して友達と遊びに行く学生も多いことから、ゲームセンターやテーマパークなどの娯楽施設の近辺にある駅も狙い目です。

自社をアピールする上で重要な”広告代理店”選び

このように、細部にまでこだわることで初めて最大限の効果を発揮できる交通広告。広告を成功させるには、しっかりノウハウを積んだ広告代理店に依頼することが大切です。
ネット広告と交通広告を併用して、より多くのターゲットに自社をしっかりアピールしましょう。

オススメの記事

カテゴリー