株式会社エムズコーポレーション

インフライトメディアとは?国内外のターゲットに魅力を伝える手法

前回のコラムでは、「旅ナカ」のメディアについてお話しました。今回はその中でも機内のメディアに焦点を当ててみます。

さまざまな広告媒体の中で、国内外のターゲットに幅広くアプローチできるメディアの一つが、「インフライトメディア」です。「インフライト」とは、「飛行機の移動中」という意味。つまり、飛行機の中で提供される情報のことを指します。

一番イメージしやすいのが、座席のポケット等に配置されている機内誌。できることが限られている機内の中では、多くの方が目にした経験があると思います。

インフライトメディアは、その特性上、国内外のターゲットに幅広くアプローチできる手法です。特に、インバウンドマーケティングとしても、活用する価値があります。

インフライトメディアとは

インフライトメディアとは、飛行機の機内で提供されるメディアのことを指します。機内で読むことができる情報誌(機内誌)、機内で放送される動画、時刻表などが該当します。

また、インフライトメディアには含まれませんが、空港内の通路上に配置する広告や電飾看板、イベントスペースでの広告など、その他の広告も合わせて検討することで、より商品やサービスを強く意識付けることもできます。空港からの移動経路(バスや電車など)に掲載する交通広告と合わせるという使い方も考えられます。

インフライトメディアのターゲット

インフライトメディアは、その特性上、「飛行機を使って、移動する人」が主なターゲット層になります。例えば、飛行機を利用する人には、次のような層が考えられますね。

・出張で利用するビジネスマン
・日本国内を旅行している訪日外国人
・旅行をしているファミリー層
・女子旅など、友人と旅行を楽しむ層
・実家に帰省する人

また、インフライトメディアは、その航空機が発着する就航地とも深く結びつくので、観光客などを取り込みたい場合は、積極的に活用することで来客増が見込めます。特に、年々増加している外国人観光客をターゲットにする場合は、多言語対応をアピールする、といった切り口も考えられます。

インフライトメディアの具体例

いくつか、インフライトメディアの具体例についてご紹介します。

大手航空会社「ANA(全日空)」の場合は、機内誌(翼の王国・WINGSPAN、ANA SKY SHOP)、マイレージ会員誌(ana-logue)、ラウンジ(INNOVATIVE VOICE)、機内動画(Innovative Minds、SKY CHANNEL CM)などのバリエーションがあります。

ただ、大手航空会社の場合は、全国各地に路線があるので、地域に密着した広告には適さないという側面があります。そこで、ローカルビジネスやインバウンド需要の取り込みとして注目したいのが、LCC路線の機内誌です。

例えば、当社では「春秋航空日本」の機内誌『空飛ぶ道の駅マガジン』を取り扱っています。春秋航空は、成田と広島、佐賀、新千歳、関西、中国(武漢、重慶、天津、ハルビン)を結ぶ航空会社。国内旅行やビジネスで利用するユーザーだけでなく、訪日中国人にアプローチできるという点が特徴です。路線が限定されている分、その地域に根ざしたビジネスにとっては、強い訴求効果を持ちます。

各航空会社の特徴を比較することで、どの媒体を利用すればよいかが見えてくるかもしれません。

インフライトメディアを活用するメリット

さまざまな広告媒体がある中で、インフライトメディアには次のメリットがあります。

じっくり目を通してもらえる

機内では、限られた設備の中で時間を過ごさなくてはなりません。通常はインターネットなどもできないので、時間を潰すために機内誌を手に取る人も多いです。特に、機内オーディオ設備のないLCCではその傾向が顕著です。

そのため、掲載されている内容・広告はじっくり目を通される可能性が高いです。

インバウンドマーケティングに活用できる

訪日外国人をターゲットにした広告を掲載したい場合、国際線のある航空会社の機内誌を活用することで、効率的にアプローチできます。特に日本行きの航空機の中では、これから訪れる観光地の情報を収集するため、ユーザーが積極的に目を通すことが期待できます。

地域に密着した情報を、他地域の人にアピールできる

地域密着型の航空会社の場合は、その地域に根ざしたローカル情報を、他地域の人に魅力的に伝える方法になり得ます。実際にその地域に向かう人をターゲットしにした媒体上でアピールできるので、マッチング率も高く、認知度アップや高倍率アップが見込めます。

現地に着く前に、情報をアピールできる

機内誌でアピールすることで、現地に着く前に情報を伝えられるという側面もあります。その地についてから目にする同業他社の広告よりも、一歩先にアプローチできるので、優位性を確保できるかもしれません。

ローカルビジネスや対インバウンドのマーケティングとして活用を

インフライトメディアは、広告出稿先としてはあまり馴染みのないものかもしれません。しかし、その適性やメリットを考えた場合、地域に根ざしたビジネスや、インバウンド需要を取り込みたいビジネスにとっては、有効な選択肢の一つとなります。

マーケティングに新たな展開を考えている場合、インフライトメディアの活用を検討されてみてはいかがでしょうか。

インバウンド向け機内誌についてはこちら

弊社では春秋航空日本の機内誌を取り扱っています。インフライトメディアをご検討中の方はぜひお問合せください♪
詳細情報はコチラをクリック↓

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top