株式会社エムズコーポレーション

女性客を集めたい時に活用したいマイクロマーケティングとは?

女性のニーズの多様化により、女性客を集めるのに苦労している企業が多いです。そんな中で注目されているのが、マイクロマーケティングSNSを使ったコミュニケーション戦略です。

今回は、女性客を集めたいときに活用したいマイクロマーケティングや、SNSを使ったコミュニケーション戦略についてお話しします。

マイクロマーケティングとは?

マイクロマーケティングとは、多様化したニーズを細かく分析して、狭く深くターゲット層を絞ったマーケティング手法です。消費者それぞれの個性に着目したマーケティング手法で、これまでのマスマーケティングの対義語として使われることも多いです。

これまでのマスマーケティングは、広範囲のターゲット層に向けて用いられるマーケティング手法でした。それに対して、マイクロマーケティングは少人数のターゲット層に向けて活用されるマーケティング手法です。特にここ数年の女性のニーズは多様化しており、マスマーケティングではなく、マイクロマーケティングが用いられることが多くなりました。

女性集客から見たマイクロマーケティングとインフルエンサー

女性集客の手段として、マイクロマーケティングがメジャーになりつつある今、インフルエンサーの条件が少し変わりつつあります。

SNSを中心に、インフルエンサーといわれる影響力がある人物が存在する事は有名な話です。しかし、マイクロマーケティングの登場とともに、インフルエンサーではなくマイクロインフルエンサーと言われる新しいインフルエンサーが少しずつ誕生しています。

マイクロインフルエンサーのターゲットは、主に女性客です。

これまでのインフルエンサーは、大多数のフォロワーに向けて影響を与える人物でした。それに対してマイクロインフルエンサーは、少数派のフォロワーに対して影響を与える人物のことを言います。

また、その場合はフォロワーの数よりもフォロワーからの支持率を重視されることが多いです。

これまでのインフルエンサーの条件のひとつに、フォロワー数の多さがあり、フォロワー数が多いほどに影響力があるインフルエンサーだと判断されてきました。しかし、最近の傾向としては、フォロワー数が少なくても「いいね」が入る確率が高いことで、影響力の高さが評価されている異例のインフルエンサーが増えています。

つまり、それがマイクロインフルエンサーなのです。

女性の集客に効果的なマイクロインフルエンサーの特徴は、狭く深い層に影響を着実に与えていく点です。

ユーザーとフォロワーが密接に繋がるSNSと言う世界の中で、マイクロマーケティングにより自分たちだけの価値観を共有できることで、女性客をしっかりつかめる可能性が高いです。

ここ数年での女性のニーズの多様化には、ライフステージや価値観、働き方、情報源、消費意識の変化が関係しています。昔と違い、女性は結婚の年齢に縛られず、社会進出の機会も増えたため、働き方だけではなく価値観や生き方も自由に選択できるようになりました。

また、テレビ以外にスマートフォンやパソコンなどのウェブメディアが加わったため、情報源が多様化したことで消費意識も多様化している傾向にあります。そのような流れの中で、今までのマスマーケティングの手法だけでは女性客を集めるのが難しくなり、マイクロマーケティングやSNSで活躍するマイクロインフルエンサーが注目されています。

スマートフォンの普及率が上がっている中でSNSやアプリを通して様々な情報を仕入れられるようになりました。テレビ以外にも情報を仕入れるメディアが増えたことで、情報を選べる時代にもなりました。

また消費意識の多様化については、昔であればテレビや雑誌で流行っているハイブランドの商品を購入する女性が多くいましたが、ウェブメディアやSNSで話題になっているハイブランド以外のブランド商品を持つ女性も増えています。

多くの女性に知られていないハイブランド商品以外でも、ウェブメディアで流行っていて、その良さに共感できれば購入する女性が増えてきているのです。

SNSを使ったコミュニケーション戦略が最強な理由

女性はどんな場面においても、コミュニケーションを大事にする生き物です。

例えば、買い物する時でもコミュニケーションを取りながら購入の検討をしていく特徴があります。

また、いいものを見つけると誰かに話すようにSNSに投稿したり、誰かの投稿を見て、購入を検討するのも女性が多いです。

そうした女性の特性に着目した、コミュニケーション戦略を取り入れることで、さらに女性客を効果的に集められます。そういう意味で、SNSがコミュニケーション戦略やマイクロマーケティングの力を発揮できる女性集客場所として、注目されています。

まとめ

女性客を集めるのに苦労しているのなら、マイクロマーケティングやSNS、コミュニケーション戦略などを活用したマーケティングを試してみるべきです。

昔と比較すると、女性は自由に羽ばたけるようになったからこそ、趣味嗜好や生き方、消費意識などの多様化が進んでいます。

その多様化は、今後も進んでいく見込みのため、女性客を獲得するためのマイクロマーケティングを押さえておくといいでしょう。

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top