広告コラム

広告コラム

ラジオCMのポイントは?ターゲットを絞れば効果的です

 

「ラジオCM」について、どのようなイメージをお持ちですか?もしかすると、「古い広告手法」「放送しても、聞いている人がいるかわからない」とネガティブなイメージを持たれている方もいるかもしれません。

確かに、最近はインターネット広告や動画広告がマーケティングのトレンドです。しかし、昔ながらのラジオ広告は、特に地域密着型の企業にとって高い広告効果を持つ媒体です。

最近はradikoなどのサービスを使って、スマートフォンやパソコン、スマートスピーカーを使って視聴する人も増えています。また、在宅勤務が増えている今だからこそ、ラジオの需要が高まっていることも確かです。ラジオ=古い媒体というわけではなく、幅広い世代に愛されるメディアとして捉えるべきです。

今回は、ラジオ広告のメリットや効果的な制作のポイントについてご紹介します。

ラジオ広告とは?

ラジオ広告とは、音声のみで商品やサービスの紹介を行うという点に大きな特徴があります。音情報だけなので、他の媒体と比べても「ながら接触」が多くなります。ラジオを聞きながら車を運転したり、勉強したり、家事をしたり…という経験がある方も多いはずです。繰り返し耳にする機会も多いので、自然と商品やサービス名の刷り込みができるようになります。

ラジオ広告の種類

ラジオ広告には、特定の時間(天気予報や時報、番組とあわせて枠が用意されることが多い)に広告を流す「タイムCM」や、朝から晩の間にランダムに流す「スポットCM」、番組に出演して知名度アップを図る「ラジオ番組出演」、直接お客さんに購入を訴えかける「ラジオショッピング」の種類があります。

一般的には、「タイムCM」や「スポットCM」が使われます。

ラジオ広告のメリット

ラジオは公共の電波なので、テレビCMと同様に広告を出すことで会社の信頼度が高くなります。「ラジオにCMを出すくらいだから、しっかりした企業だろう」と思われやすいです。また、音情報だけなので、テレビCMと比べても短期間で制作可能です。もちろん費用もリーズナブルです。

ラジオは地域ごとに放送局も変わるため、エリアでターゲットを絞って広告配信がしやすいです。主婦は平日の昼間、中高年は午前中、サラリーマンは通勤時間帯、学生は深夜…というように、生活スタイルによって視聴時間も変わってくるので、ターゲティングを反映させやすいのもメリットです。

効果的なラジオ広告制作のポイント

ラジオ広告を成功させるには、いくつかのポイントがあります。

ターゲットを明確に意識する

ラジオ広告に限らず、あらゆる広告を行う上で重要なポイントですが、そのCMを届けたいターゲットは誰かを明確にしましょう。ラジオ広告は、流す時間や番組を調整することでリスナーをセグメントできます。より伝わるCMにするため、ターゲットの性別や年齢、職業を明確化しましょう。ターゲットの設定によって、ナレーターを女性にすべきか男性にすべきかも変わります。地域密着のサービスであれば、あえて方言を取り入れたCMにして親近感を持ってもらうという手法も考えられます。CM作成の方向性を決めるためにも、ターゲットは明確に考えましょう。

ターゲットが決まったら、CM内でメインに伝えたい訴求ポイントを考えます。この時、ターゲットがその商品・サービスを利用することで「どのようなメリットがあるのか」「どう生活が変わるのか」を意識して表現するようにしましょう。

メディアミックスを考慮する

ラジオ広告は音だけの情報なので、それだけですべての情報を伝えようとするのは難しいです。テレビCMや交通広告、インターネット広告と併用することで、日常生活でそれらの広告を見かけた時にラジオの音声を思い出すことになります。ラジオ広告と組み合わせることで、それぞれの相乗効果が期待できます。

CM内に情報を詰め込みすぎない

ラジオCMの尺はあまり長くないですし、音声のみでの勝負が求められます。つい、限られた時間に多くの情報を盛り込もうとしてしまいがちです。しかし、「間」を意識して演出することで、その前後の言葉が引き立ったり、印象を強く残せたりします。

あえて余白を意識したクリエイティブになるように工夫しましょう。

地元密着の広告代理店を活用する

自分でも音源の制作は不可能ではありませんが、録音や編集、時間内に原稿をまとめるスキルが必要なので、制作は外部に依頼するほうが効率的です。ラジオCMを制作してくれる企業はたくさんありますが、選ぶときには地元に精通している制作会社を選ぶようにしましょう。

良いCMを作るためには、細かい打ち合わせが必要です。出演者のオーディションを行うケースもあります。地元に精通した広告代理店を活用するほうが、無駄な時間や経費を削減しながら効率よくラジオCMの制作ができます

ラジオ広告を上手にマーケティングに取り入れよう

ラジオ広告は、昔からある広告手法ですが、決して古い媒体ではありません。スマートフォンなどでラジオを視聴する人も多く、幅広い世代にアプローチできる手法として注目を集めています。

ながら視聴を通じて社名やサービス名を広く浸透させることができるラジオ広告は、視聴者の潜在意識に深く印象を残すことができます。これまで挑戦したことがない方は、ラジオ広告の導入をぜひ検討してみてください。

ラジオCMをご検討中の方へ

こちらのサービス紹介のページでも紹介しております。ご希望の方には詳しい資料もお送りさせて頂きますので、お気軽にお問合せくださいませ。

オススメの記事

カテゴリー

Facebook

エムズのみんなの様子が見れちゃう!イベント情報や社内の様子、役に立つ広告の豆知識など様々なことが掲載されていますよ。