広告コラム

広告コラム

リアルタイムでお客様をサポート!成約率上昇が期待できる“Webチャット”とは?

マーケティングは、企業のビジネスを効率的に進めていくためには欠かせないもの。そんなマーケティングには、SEOやリスティング広告、コンテンツマーケティングなどさまざまな手法があります。そのなかで近年利用されるようになった手法が、“Webチャット”を使ったマーケティングです。 ここでは、そのWebチャットの効果や魅力について紹介しますので、ぜひご参考ください。

なぜWebチャットがマーケティングに利用されるの?

Webチャットとは、ネットを通してリアルタイムで文章のやり取りをすることができるコミュニケーションツールのこと。国内の人はもちろん、海外の人ともやり取りをすることができるため、国境を超えてコミュニケーションを楽しむことができます。 そんな楽しいコミュニケーションツールであるWebチャットが、今やマーケティング手法として活用されています。なかでもECサイトなどで取り入れられており、日本でも既に運用している企業が複数あります。

WebチャットがなぜECサイトなどのマーケティングに活用されているのかというと、顧客のサポートに役立てることができるからです。ECサイトでは、店舗での購入のように商品の実物を手にとって確かめてもらうことができません。それゆえ、商品をなかなか購入してもらえないといったことが起こる場合もあります。 しかし、ユーザーが商品ページを見て、購入を検討している段階で疑問点や不明点に答えることができれば、こうしたデメリットをなくすことができます。 Webチャットはまさにそうしたことを実現できるツールなので、有効なのです。

また、質疑応答にWebチャットを使えば、電話などでは誤解が生じやすい操作方法なども簡単に説明することができます。ユーザーと同じ画面を見た状態で質問に答えることができるので、電話のようにわざわざ確認をする必要がありません。また、相手が今どこを見ているのか、何が分からないのかをリアルタイムで把握することも可能です。

このように、Webチャットには複数のメリットがあるのです。疑問がすぐ解消できることはユーザーにとって大きなメリットとなるので、サイトでの商品購入を促進することができます。

ユーザーへ手厚くサポートできる!Show Talkの魅力

ビジネスとして利用することができるWebチャットはいくつかありますが、そのなかでも今回ピックアップして紹介したいのが“Show Talk(ショートーク)”です。

Show Talkは、ほかのビジネス用のWebチャットと同じようにリアルタイムで顧客とコミュニケーションを取ることができるのはもちろん、チャットログの分析やサイト訪問者のアクセス解析なども行うことが可能です。 ユーザーとの会話の履歴が分かったり、どのくらいの訪問者がいるのかなどを詳しく把握できたりすると、ユーザーの質問傾向を掴めるのでサービスの改善を行うことができます。 このようなよいサイクルが回るとユーザーの信頼度も上がるので、安定した購入者数の確保が期待できます。くわえて、Show Talkには専門のオペレーターがついているため、自社で人を雇わなくともサービスを拡充させることも可能です。

Webチャットでユーザーに安心したサービスを提供

いかがでしたか。Webチャットを使うと、商品やサービスの購入を検討しているユーザーの質問にリアルタイムで答えられるようになります。そのため、サポートの充実度を上げることが可能です。 ユーザーにとっても、こうしたサポートがあれば取引で失敗しにくくなるので安心です。こうしてユーザーの信頼度が高まると「次もここを利用しよう」と思ってもらえるようになるので、成約率上昇に繋げることができます。

「新しいマーケティング手法を取り入れたい」と考えているなら、Webチャットを取り入れてみてはいかがでしょうか。

オススメの記事

カテゴリー

Facebook

エムズのみんなの様子が見れちゃう!イベント情報や社内の様子、役に立つ広告の豆知識など様々なことが掲載されていますよ。