広告コラム

広告コラム

出稿前に知っておきたい「宣伝広告費を無駄にしない」ためのポイント

広告は、お客様から褒めてもらうために作るものではなく、あくまで多くの人に企業のことを知ってもらい、売上の実現に繋げるために作るものです。売上に繋げるためには多くのお客様を獲得する必要があり、そのためには広告内容に一工夫加えることが重要となります。
以下では、集客数の向上を狙うために、広告の出稿前に押さえておきたいポイントをご紹介します。

出稿前に考えたい「誰に伝えるか?」ということ

広告を活用してマーケティングを展開していくのであれば、「広告を使って誰に伝えたいのか?」という点をよく考える必要があります。そのため、ターゲットを決めるときは企業の商品を継続的に利用しているお客様を具体的に思い浮かべてみましょう。すると、自社を利用するお客様の年齢、性別、職業、性格、家族構成などを効率よくイメージできるはずです。

自社を利用するお客様をリサーチすれば、自社の商品を求めている人々が自ずと導き出されます。この情報をもとにして、自社の商品について伝えたい人の性別や年齢、職業、趣味、ライフスタイルなどを決めておくことが重要です。このように、細かくターゲットを絞ってマーケティングを行うことを、“ペルソナ”といいます。ペルソナ設定を行うと、人々の心に突き刺さるような広告を作り上げることができるのです。

ペルソナをうまく活用して売上に貢献するコツ

ペルソナ設定は、何も考えずにただ細かく理想の人物像を考えれば良いというわけではありません。大切なのは、マーケティングに役立つペルソナ設定になっているかどうかです。

ユーザーが情報収集を行う手段にはさまざまな方法があります。ペルソナを設定する際、ターゲットとなるユーザーが情報収集に活用する手段は何かを考える必要があります。これにより、どの広告媒体を使えば効率よく情報を届けることができるのかが明確となるため、広告宣伝費が無駄になることはありません。情報収集の手段はマーケティングに役立つ情報ですから、ペルソナ設定を行うならぜひ考えたいものです。

また、ペルソナ設定ではペルソナが望むことについても考えたいところです。「どんな商品を求めているのか」、「どんなコンプレックスを改善したいと考えているのか」など、お客様が望むことを考えればお客様のニーズに合った商品が自ずと分かってくるはずです。

“顧客心理”を知ってユーザーの心を揺さぶる

広告を出しても、ターゲットとなる人が必ず見てくれるとは限りません。もし見たとしても、その後に商品を購入・利用するとは限りません。そのため、広告制作を考える企業のなかには「広告を作る意味がないのでは?」と考える人もいるかもしれません。もっとも、人々の目に留まり、売上に繋がるような広告を作ることは可能ですので、決して意味がないということではありません。このような広告を作るためには、“顧客心理”を知ることが非常に重要です。

広告を活用して売上に貢献するためには、多くの人に見てもらう必要があります。見られるものを作るコツは“キャッチコピー”を工夫することです。キャッチコピーは人々の目に留まりやすく、キャッチコピーにインパクトがあるかで見てもらえるかどうかが決まるといっても過言ではありません。売上を大きく左右する重要なキャッチコピーですから、人々の心にグサッとくるような一言を考えたいものです。

キャッチコピーで自社の商品に興味を持ってもらえたら、次は行動に移して売上アップを狙いたいところです。「商品を利用してみよう!」とお客様の購買意欲を掻き立てるためには、広告の最後に行動を促すような一言を加えるのが効果的です。テレビCMなどでも、最後に「今すぐお電話ください」のようにお客様の行動を促すような一言が添えられているものは多くあります。「広告を見てどうしてほしいのか」という点を具体的に提示することで、お客様は行動に移しやすくなります。その結果、売上に繋げることができるため、このような広告は“意味がある広告”ということになるのです。

ノウハウを知っていれば、価値ある広告を作れる!

広告費を無駄にしないためには、多くのユーザーに見てもらい、そして行動に移してもらえるような内容にする必要があります。そうでなければ、広告費だけでなくそれを作った時間までもが無駄になってしまいます。 広告を作る際はターゲットを具体的に絞ってペルソナを設定する、そしてユーザーの目にとまり行動に移したくなるようなキャッチコピーを添える。これらを実践すると、多くの人の心に残るような広告に仕上げることができます。

近年、多くの企業がマーケティングの方法として広告を活用していますが、ユーザーに読んでもらえなかったり行動に移してもらえなかったりする企業も数多くあります。しかし、上述した“多くの人を惹きつけるために意識すべきポイント”を押さえておけば、価値ある広告を生み出すことができるはずです。

オススメの記事

カテゴリー