株式会社エムズコーポレーション

広告の役割とマーケティング

広告を含め、現在は多くの企業が様々なマーケティング活動を行っています。しかし、マーケティングとは成果を出すのに時間を要する上、場合によっては成果が出ず終わってしまうこともあるほど難しい活動です。 実際、マーケティングのことをまったく理解していないまま活動を進めていたり、費用に見合った広告制作ができていなかったりという企業も数多くあります。 そこで、現在マーケティング活動を行っている企業やこれから始めようとしている企業へ、「マーケティングの基礎知識」と「広告の役割」について解説します。改めてこれを知ることで、より大きな成果が期待できます。

マーケティングの基礎知識

自社の製品やサービスを利用してもらい売上や利益を得るのであれば、マーケティング活動を始めるのが効果的です。そんなマーケティングに関して、今回は「ベネフィット」と「差別化と強み」、「セグメンテーションとターゲティング」、「4P」という4つの項目に絞って解説していきます。

ベネフィット

企業から販売されている製品やサービスを購入・利用することでお客様が得るメリットはあるのか、マーケティング活動をする際はこれをしっかり考えた上で進めていく必要があります。ベネフィットとは、この「メリット」のことを指しています。 当然ですが、お客様が求めているのは企業ではなく企業が販売している製品やサービスです。さらに突き詰めるなら、それを利用することで自身が得られるメリットなのです。よって、ベネフィットを考えずに製品やサービスを供給したところで売上や利益はそれほど期待できません。 お客様の要望を具体的に取り入れ、お客様にとって価値あるものを提供する。マーケティング活動を行うなら、このベネフィットを強く意識しておく必要があるというわけです。

差別化と強み

お客様からの要望に応えようと、工夫をこらして製品やサービス開発を行っているのは自社だけではありません。周りには同じように考えている企業(競合)がいるため、それらとは違うアピールポイントを明確にしておく必要があるのです。 「製品に対するこだわり」や「サービス利用により得られる、他の企業にはないメリット」などを持ち、それらを積極的にお客様へアピールすることで、より納得のいく成果が期待できます。 万が一アピールできるポイントが自社の製品やサービスに見出せなかった場合は、見出だせるまで再開発を繰り返しましょう。自社がそう感じるということは、お客様も同様に感じるということです。

セグメンテーションとターゲティング

マーケティングを成功させるコツはターゲット層を明確にし、それに合ったものを提供することです。そこで必要となるのがセグメンテーションとターゲティングで、前者は「お客様の分類をすること」、後者は「分類したお客様のなかからターゲット層を決めること」です。 自社の製品やサービスを長期的に利用してもらうには、競合にはないポイントを評価してくれるお客様を見つけることが大切です。もしも手当たり次第いろいろなお客様に手を出してしまうと、いずれ競合に奪われてしまう恐れがあります。 Aに分類されたお客様をターゲットとし、そこに特化したサービスを提供している企業があるとします。するとAのお客様はそこに流れていってしまい、すべてのお客様をターゲットにしていた自社はAのお客様を逃してしまうことになるのです。 そうならないよう、セグメンテーションとターゲティングは必ず意識しておきましょう。

4P

「製品・サービス(Product)」、「価格(Price)」、「広告などの販促手段(Promotion)」、「販路(Placement)」の4つをまとめて4Pといいます。 競合との差別化を図る際、そしてターゲット層を設定する際にそれらの考え方として用いられます。 価格はどうするか、どの方法で販売するか、広告はどうするかなど戦略をしっかり練っておくことで、マーケティングの力を最大限に発揮できるようになるのです。

広告の役割

テレビや雑誌、新聞、インターネットなどといった媒体を利用して自社の製品やサービスをターゲットにアピールできるものを広告といいます。 そんな広告の役割は大きく分けて3つ、「情報伝達機能」と「説得機能」、「社会的機能」です。ターゲットに情報を伝え、さらに広告の力で製品やサービスをより価値あるものと認識させることができます。 そして広告の力で多くのお客様に製品やサービスを利用してもらうことで、生産などにかかるコストを削減し、さらに多くのお客様に利用してもらう。このサイクルによって経済の活性化を図ることも、目的のひとつとされています。 なお広告の影響力は凄まじく、ネットやテレビのみを情報源としている人はこういったものから情報や知識を取り入れることになるため、制作する際はそれだけの力があるという点をしっかり意識しておかなくてはなりません。 ベネフィットを考慮した上、社会にどういう影響を与えるかを意識してマーケティング活動を進めていくことが大切です。

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top