株式会社エムズコーポレーション

電車車両中吊り広告で、顧客の心を掴むデザインとは

「中吊り広告」とは、電車の通路上の天井から吊るされている大きな広告のこと。誰しも目にしたことのある広告スペースだと思います。

車両広告の中でも、タイムリーな情報の訴求に向いた広告エリアです。比較的コストが低いという特徴もあり、上手く活用することで効率よくマーケティングをすることができます。

中吊り広告は、「乗客の目線より上」にある広告なので、通常のデザインとは違ったアプローチが必要です。今回は、中吊り広告で成果を出すために取り入れたいデザインのポイントをご紹介します。

電車車両中吊り広告の特徴

まずは、中吊り広告の特徴について理解しましょう。どういった特徴がある広告であるかを把握しておくことで、目的やターゲットにあったデザインを考えることができます。

更新頻度が高い

車両中吊り広告は、定置式の紙媒体の中では更新頻度が高く、数日間のスパンで次々と差し替えられていきます。そのため、新商品発売やセール情報など、タイムリーな情報の広告に適しています。常に最新情報が得られる広告媒体なので、多くの人の注目を集めます。

視認性が高い

中吊り広告は乗客の目には必ず触れるため、高い視認性のある広告です。また、「1駅区間以上、同じ人が広告に間近に接する」という接触率の高さが特徴で、到達率の高い広告媒体とも言えます。

隅々まで読んでもらえる

電車内で手持ち無沙汰になり、見える位置にある広告を読んで時間を潰した経験のある人は多いと思います。長時間接する広告なので、一度目に入ると広告を隅々まで読んでもらえます。つまり、1つのスペースの中に、多くの情報量を詰め込み、興味を引くことができます。

屋外広告は移動中に目にすることが多いので、パッと見で強い印象を与えない限り、通り過ぎられてしまいます。また、距離も遠いので、最低限のキャッチコピーを入れることしかできません。反対に、中吊り広告は読ませる効果の高い広告です。

分かりやすいのは、雑誌の広告。見出しや雑誌の中身をチラ見せすることで乗客の興味を引き、降車後に売店で購入してもらう行動を促しています。

比較的、広告コストが低い

中吊り広告は、目線より高い位置にある広告、かつ、掲載期間が限定的なので、比較的リーズナブルな広告媒体です(原則として、目線の高さにある広告のほうが高価です)。

予算の都合がつけば、1車両すべての広告を統一することで短期間でも大きな印象を与えることができます。大型キャンペーンの告知などに活用したい方法です。

中吊り広告のサイズ

中吊り広告の基本的なサイズは、B3サイズ(515mm×364mm)です。これを2枚使ったワイド版(1030mm×364mm)もあります。

また、広告自体の形状を変えることもできます(鉄道会社によってできる範囲が異なります)。具体例としては、ソフトバンクが新機種のPRとしてプラスチック製の物体を使った事例、進研ゼミが「絵馬」をぶら下げた事例などがあります。自由度の高さを生かして、より目立つ広告展開が可能になります。

中吊り広告のデザインの特徴

中吊り広告は、数ある広告媒体の中でも、「下から見上げる」という特性のある広告です。また、通常のポスターとは違い、じっくり読ませるデザインの取り入れが可能です。

魅力的な中吊り広告をデザインするために、取り入れたいポイントをご紹介します。

下半分のデザインが重要

普通のチラシやポスターと違い、中吊り広告は「下から見上げる」という点が違います。目線の動きは下から上になります。また、奥の広告は手前の広告に隠され、上半分は見えなくなってしまいます。

つまり、重要な内容(ロゴや商品名、会社名など)は下半分に配置することで、内容を広く伝えられる可能性が高まります。

視認性を高めるインパクト

 

中吊り広告を読んでもらうためには、目を引くための工夫が欠かせません。大胆なアイキャッチを意識し、写真やキャッチコピーを配置するといいでしょう。

文字が多くてもOK

乗客にとって、中吊り広告は「電車内の時間つぶし」のための方法です。つまり、一度目に入ってしまえば、じっくり読んでもらえます。しっかり読んでもらい、内容をいかに印象づけるかが勝負です。商品そのもののアピールだけでなく、クイズなどを出題して考えさせることで、強い印象を残すという手法も取ることができます。

商品との関連性

中吊り広告で宣伝された商品を見た乗客は、電車から降りた後すぐに購入してくれるかもしれません。しかし、実際に商品を購入する際に商品名まで正確に記憶していることは少なく、広告から得られるイメージを頭に描いているだけということが想定されます。

ですから、商品のデザインを広告にしっかり反映し、すぐに見つけてもらえる状態にしておく必要があります。

広告媒体の違いを理解して、効果的なPRを

この記事では、車両広告の中でも「中吊り広告」に視点を当て、詳しくご紹介しました。一口に電車の車内広告と言っても、掲載場所によって特徴が異なります。中吊り広告の特徴を理解することで、より効果的な広告運用ができるようになります。

セールや新商品発売などを告知したいとき、上手に中吊り広告を活用してみてください。

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top