株式会社エムズコーポレーション

Web限定!5種類の動画広告と特徴

Web上で活用されている動画広告には、たくさんの種類があります。 一昔前までのWebでは、静止画のバナー広告がメインでしたが、最近は動画広告の方が多くなってきています。

もちろん、利用するサイトによって静止画と動画の割合が違いますが、Web全体的に見ても、動画広告はかなり増えてきています。

同時に、広告表示の際のターゲティングの性能も、各動画広告で特徴を持っており、性能も日々上がってきています。
動画になることで注目度が上がると同時に、ページ閲覧の邪魔になって嫌がられるケースも心配されるからこそ、より高性能なターゲティングが求められています。

今回は、特に活用されている動画広告の5種類と特徴をご紹介します。

インストリーム広告

YouTubeやニコニコ動画などの、動画本編の前後や途中で差し込まれる動画広告をインストリーム広告と言います。
インストリームという名前は、「流れ」を意味する「ストリーム(stream)」と「差し込まれる」という意味で用いられた「イン(in)」が組み合わさってできた広告名です。

特に、動画本編の前に差し込まれる数秒間の「プリロール動画広告」は、注目度が高く効果があるインストリーム広告として活用されています。

「プリロール動画広告」には、途中でスキップできる動画とスキップできない「ノンスキッパブル広告」があります。

インリード広告

スマートフォンから閲覧した時のニュースサイトでよく活用されているのが、インリード広告です。
ニュース記事を読む際に、インリード広告が表示されますが、ページをスクロールするとスキップできるので、ストレスなく動画広告でPRできます。

もちろん、興味を持つユーザーが多く、気になるインリード広告だけが閲覧されています。 単純に短い動画の広告ではなく、再生ボタンもついた広告なので、ストーリー性がある動画がよく用いられています。

ユーザーが閲覧しているサイトの内容に近いインリード広告が表示されるため、視認性が高いのが特徴です。

インバナー広告

Yahoo!などの大型情報サイトでよく用いられているのがインバナー広告です。 インバナー広告は、従来のバナー広告の動画バージョンでターゲット設定を元にユーザーのニーズにふさわしい広告を表示してくれます。

インバナー広告が掲載される場所は、これまでのバナー広告とほぼ同じで、記事やコンテンツの中に同化した形になっているため、閲覧やクリック率が高くなります。

また、これまでは静止画だったバナー広告が動画になって動くことで、惹きつける力が強くなり、広告の効果が高くなっています。

ソーシャルメディア広告

ソーシャルメディア広告は、その名の通り、FacebookやTwitter、Instagramなどのページ内に表示される動画広告です。
ソーシャルメディアのタイムライン内に自然な形で動画広告が配置されるため、一見、フォローしている人の投稿のようにも思えます。

表示されるソーシャルメディア広告の内容は、閲覧しているユーザーによって違います。 ソーシャルメディアで登録しているプロフィールや投稿の内容から、属性や好みなどを認識してターゲティングするため、関心ある広告が表示される確率が高いです。

Webサイトに表示される広告にもターゲティングが設定されていますが、ソーシャルメディアの方がプロフィールなどの詳しい情報が元になっているので精度が高いです。

今までは静止画によるソーシャルメディア広告がメインでしたが、最近は動画広告の方が増えており、関心が高まっています。

アプリ内広告

アプリ内広告は、スマートフォンなので使用するアプリの中に表示される広告です。 アプリ内広告も、これまでは静止画によるバナー広告がメインでしたが、最近は動画広告の方が多くなっています。

アプリ内の上部や下部に表示されるバナータイプの動画広告や操作の途中で画面に表示される動画広告など、いくつかのタイプがあります。

アプリ内広告では、主にゲーム広告の需要が高く、広告からゲームアプリのダウンロードへ誘導し、成果を上げているケースが多いです。

また、ゲームアプリ内の広告では「リワード広告」が人気です。
ゲーム中に表示されるリワード広告を最後まで閲覧することで、ゲームで使えるアイテムを獲得できるシステムになっており、視聴率が高いです。

アプリ内広告なので、アプリのダウンロードに誘導する内容のものがほとんどですが、関連性が高いため、効果ある動画広告として注目されています。

まとめ

Webで活用されている動画広告には、他にも種類がありますが、今回は、中でも特に注目されている動画広告をご紹介しました。

いつも何気なく目にしている動画広告ですが、ターゲティングが正確になるほどに、注目度が増し、それが成果へと繋がっていくと見込まれています。

静止画から動画になったことで広告価値が上がっている中で、今後はさらにWeb上の動画広告が増えつつあります。

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top