株式会社エムズコーポレーション

広告のキャッチコピーの役割と作り方のポイント

広告にキャッチコピーが入ると入らないでは、ユーザーの目を引き付ける力が全然違います。
つまり、キャッチコピーは広告に引き込む役割を持っているからこそ、それだけユーザーの目も心も引きつけられるのですね。

ここでは、広告のキャッチコピーの役割やキャッチコピーをつけるときのコツなども含めてお話ししていきます。

広告にとってのキャッチコピーとは?

広告に入るキャッチコピーとは、広告に注意を引かせるための広告文、宣伝文です。

キャッチコピーという言葉は、英単語が実在せず、日本で作られた和製英語なのです。

キャッチコピーは、一言や一つの単語の場合もありますし、一文や一行の場合もあり、基本的にフリースタイルです。

キャッチコピーはいろんな場所で使われています。
メジャーなのが商品などの広告や告知で、その他には芸能人や有名人に対するキャッチフレーズ、企業アピールのためのスローガンなどです。

キャッチコピーにはあまり決まりがないので、定義が難しいのですが、部類分けをするために広告に付けられるキャッチコピーを、広告コピーと呼ぶことが多いです。

広告のキャッチコピーの役割

広告に入るキャッチコピーには3つの役割があります。
この3つが揃うからこそ、多くのユーザの目に止まり心を引き付けることができるのです。

インパクトが生まれる

広告に効果的なキャッチコピーを入れると、インパクトが生まれて、それがユーザーの注意を引くきっかけになります。
キャッチコピーの内容に引かれて「なんだろう?」と広告のメッセージが知りたくなるのですね。
だから、立ち止まって広告を見てしまうのです。

キャッチコピーがなければただのイラストや写真でしかないかもしれない広告に、効果的にキャッチコピーが入ることで、ユーザーはキャッチコピーに感じるメッセージを読み取ろうとしてしまうのですね。

商品をより魅力的に見せる

商品の写真がドーンと載せてあり、説明文が細かく入っているだけの広告では、ユーザーの心を射止められませんね。
商品の魅力が少しはわかったとしても、本当の魅力やさらなる情報まで知ろうともせず、スルーしてしまうことがほとんどです。

広告にメリハリが生まれる

イラストや写真だけの広告では、視覚的にも広告にメリハリがありませんね。
キャッチコピーを入れると、イラストや写真、小さな文字だけでは引き付ける力がない広告にメリハリが生まれて、広告の内容が伝わりやすくなるのです。
たとえ、広告に文字があったとしても小さくてダラダラと綴られているだけの広告ではスルーされてしまいます。
メリハリがない、つまりポイントがないので無関心に通り過ぎられてしまうのですね。

キャッチコピーがある広告は、必ず一度は振り向いてもらえるはずです。
それだけ、広告にとってのキャッチコピーは、すごく大事な存在なのです。

広告のキャッチコピーを作るときのコツとは?

広告のキャッチコピーを作るときにいくつかのコツを知っておくと、より効果的にキャッチコピーを入れられます。

ターゲットを明確にする

広告を誰に伝えたいのか?どんな人に伝えたいのか?のターゲットを明確にしてから考える必要があります。
ターゲットの心理に響くキャッチコピーでなければ意味がありません。

そのためには、広告の対象物のターゲットを絞る必要があります。
商品やサービスであれば、マーケティング手法によりターゲティングがされているはずですから、そのターゲット層を狙ったキャッチコピーを考えましょう。

強みやメリットがわかるフレーズを

広告の対象物の強みを最大限に生かしたフレーズをキャッチコピーに落とし込むと、ユーザーから見たときにメリットがわかりやすく注目させられます。

広告の対象物が商品やサービスの場合は、QPC分析により強みの分析がされているはずです。
その結果に基づいてフレーズを考えると強みを活かしたキャッチコピーが生まれるはずです。

QPC分析とは、品質を表すQuality、価格を表すPrice、利便性を表すConvenienceの頭文字をとった言葉で、それぞれを分析することをQPC分析と呼んでいます。

ターゲットが振り向くフレーズを入れる

ターゲットの心の中にある悩みを解決するフレーズ、数字で明らかにするフレーズ、簡単にできるとアピールするフレーズ、ターゲットを限定するフレーズを使うと、より効果的にターゲットを振り向かせられます。

単純に広告の内容を説明するだけのキャッチコピーでは、ターゲットの心にまで響かず、なかなか振り向いてもらえません。

ターゲットが振り向くフレーズは何か?をコンプレックスや数字、難易度、限定ユーザーなどの視点から考えて、キャッチコピーに盛り込むと注目度が高まります。

このように広告においてのキャッチコピーはすごく大事な存在です。 商品やサービスのアピール度を効果的に上げるためにも、キャッチコピーの役割を知ることが大切です。

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top