地区会館 6施設

各支所管内に設置されています。学習・スポーツ・レクリエーション等、地域住民の多目的な活動の場となっています。また、地区会館祭り等のイベントも開催されており、地域の方にも幅広く参加していただいています。

※平成28年度

施設名(場所) 年間利用者数(人)
楠地区会館(北区) 82,641
山田地区会館(西区) 49,852
富田地区会館(中川区) 43,916
南陽地区会館(港区) 45,315
志段味地区会館(守山区) 85,110
徳重地区会館(緑区) 82,039

コミュニティーセンター

おおむね小学校通学区域(学区)ごと設置されています。心の豊かさとふれあいのある地域社会の形成を目指し、地域住民の連帯とコミュニティ活動の推進を図るため、学習や集会等で多目的に利用されています。
※コミュニティセンターの具体的な情報については、名古屋市ホームページをご覧ください

※平成28年度

施設名(場所) 年間利用者数(人)
市内 235箇所(平成30年4月現在) 平均12,625

公衆トイレ

名古屋市北中部を中心に設置されており、どのトイレも駅や集客施設、繁華街など人通りの多い場所で不特定多数の方に利用されています。契約料に加えて役務を提供していただく提案も可能です。

※平成28年度

施設名(場所)
金山総合駅南(熱田区)
ドーム駅前(東区)
大須観音前(中区)
熱田神宮東(熱田)
その他40箇所

港防災センター

港区役所に併設され、いざという時に備えて市民一人ひとりが災害の実態を正しく知り、それに対処する方法を身につけて頂くための防災に関する普及啓発施設です。
地震の揺れや津波、煙からの避難を体験できる施設や過去の自然災害についての展示があり、自然の力の大きさ、防災対策への理解を深めてもらうことができます。また、定期的なイベントも開催しており、毎年多くの市民にご利用いただいています。災害時には、応急対策活動の拠点施設としての役割もあります。

※平成28年度

施設名(場所) 年間利用者数(人)
港防災センター(港区) 60,513

歩道橋ネーミングライツパートナー事業

名古屋市では、民間の資金を活用して道路施設の持続可能な維持管理を行うとともに、企業等の地域貢献の場としてご活用いただくため、「歩道橋ネーミングライツパートナー事業」を実施しています。

契約期間
3年以上(契約の満了日は3月31日)
ネーミングライツパートナー料
月額25,000円以上(税抜)
別途、愛称を歩道橋に設置・消去する工事の費用が必要です。
地域貢献の提案
地域の清掃美化活動等、応募歩道橋を地域貢献の場として活用する提案をして頂いております。
パートナーの権利
歩道橋の桁部分に企業名、商品名、業種名および企業ロゴを入れた愛称を標示できます。

現在募集中の施設

※この他にも、ご相談次第でネーミングライツが可能な施設もございます。
※名古屋市の施設でも中には市役所、区役所(講堂を除く)などの庁舎、学校や保育園などネーミングライツができない施設があります。

Facebook

エムズのみんなの様子が見れちゃう!イベント情報や社内の様子、役に立つ広告の豆知識など様々なことが掲載されていますよ。