株式会社エムズコーポレーション

名古屋市の施設における提案型ネーミングライツの紹介

名古屋市の施設に、会社名などの愛称をつけることができます。

ネーミングライツでは、スポンサー料を支払う代わりに、施設などの名称に会社名や商品名などの愛称をつけることができます。 弊社では、名古屋市の施設へのネーミングライツが可能です。 スポーツセンター、サッカー場、文化施設、市民ギャラリー、都市公園、区役所講堂、図書館など、対象の施設は多岐に渡ります。 ※業種、事業によってはネーミングライツの提案ができない場合があります。

メリット・特徴

  • 名古屋市とタッグを組むことになるので、社会的信用度が高い
  • 施設の利用者へ、自然に愛称をPRすることができる
  • 施設によっては、テレビやラジオといった他の媒体でも愛称が紹介される 可能性がある

ネーミングライツは、御社の認知度向上はもちろん、名古屋市と協力することですので、信頼度の向上、イメージアップ、社会貢献にもなります。

導入例

・日本ガイシホール
・パロマ瑞穂スタジアム
・日本特殊陶業市民会館
・ブラザーアース(名古屋市科学館プラネタリウムドーム)
など

現在募集中の施設

スポーツセンター
サッカー場
文化施設
市民ギャラリー
区役所講堂
図書館
都市公園
※この他にも、ご相談次第でネーミングライツが可能な施設もございます。

料金について

料金は基本的に
・スポンサー料
・看板などの制作料
がかかります。
スポンサー料は、施設の利用者数などによって金額が変わってきますので、気になる施設がございましたら、まずはお問い合わせ下さい。
契約期間は原則3年以上です。

審査の流れ

  1. 1【事前相談】
    対象となりうる施設か、愛称の確認など
  2. 2【提案書の提出】
    様式に沿って、内容をご記入いただき、市へ提案します。
  3. 3【名古屋市での審査】
    提案内容をもとに、名古屋市で審査を行います。
  4. 4【関係者、市民からの意見募集】
    名古屋市公式Webサイトで、市民等からの意見を募集します。
  5. 5【外部有識者等からの意見聴取】
    名称が公共施設としてふさわしいかどうかなど、学識経験者からネーミングライツに関する意見聴取を行います。
  6. 6【決定】
    外部有識者等からの意見を踏まえ、合否を決定します。
  7. 7【契約締結に向けた協議】
    締結に向けた協議を行い、契約書の締結を行います。

ネーミングライツができない施設の例

名古屋市の施設でも、中にはネーミングライツができない施設があります。
・市役所、区役所(講堂を除く)などの庁舎
・学校、保育園
など

サービス案内一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top