広告コラム

広告コラム

5つのポイントを押さえて 反応率アップに繋がるキャッチコピーを作成!

マーケティングを行う際は、その活動により一体どれほどの効果が得られたのかをしっかりと考える必要があります。もしも得られるマーケティング効果が低ければ、どこに問題があったのかを把握して改善し、より良いマーケティングを行うことが大切です。

マーケティング方法のひとつに、新聞広告があります。新聞広告は、数ある広告のなかでも人々からの信頼度が高い広告のひとつです。そんな新聞広告を活用するにあたり、何を押さえておけば良いのかをご存じでしょうか。新聞広告では、キャッチコピーがとても重要だとされています。多くの人の気を惹くようなキャッチコピーにすれば反応率・効果アップが期待できます。 そこで以下では、新聞広告のキャッチコピー作成時に押さえておきたいポイントを5つご紹介します。

ターゲットの役に立つ情報かどうかを意識する

新聞広告のキャッチコピーを作成する際は、先にターゲットのニーズを理解し、一目見て「ターゲットにとってためになる情報がある」と分かるようなキャッチコピーを考えることが重要です。例えば、「1日1回のストレッチで、3ヶ月後には-5kgの体型を手に入れる」などです。このキャッチコピーであれば、「お手軽なダイエット方法が掲載されている」と一目で分かるため、ダイエットを考えている人々の興味を惹きつけることができます。

今や多くの人々が、仕事や家事、育児などに追われています。そんななかで、どれこれ構わず新聞広告に反応し、目をとおしてくれる人は少ないといえます。そのためキャッチコピーを作成する際は、「時間を割いてまで読みたくなるような情報がある」、「これを読めば自身が得をする」と思ってもらえるようなキャッチコピーになっているかどうかを意識することが大切です。

最も重要となるポイントを詰め込む

新聞には数々の広告が掲載されていますが、ターゲットにとって最も重要となるポイントをキャッチコピーで伝えることができていない企業は少なくありません。しかし、キャッチコピーをとおして人々の関心を新聞広告へ惹きつけたいなら、この時点で“ターゲットにとって最も重要なこと”を述べておかなくてはなりません。

以前、キャッチコピーによく利用されていたワードとして「お知らせ」があります。「お客様へのお知らせ」というようなかたちで頻繁に使われていたのですが、広告によって得られた効果はほとんどないといわれています。それもそのはず、キャッチコピーから「自身にとってお得な情報なのかどうか?」を読み取ることができないためです。

ターゲットにとって最も重要となるポイントを、入り口となるキャッチコピーに取り入れること。これは、新聞広告に限らず、多くのマーケティングにおいていえることです。

情報を伝えすぎない

キャッチコピーを作成する際は、情報を詰め込みすぎないように心がけることも大切です。キャッチコピーのみで話を完結させてしまうと、肝心の中身を読んでもらえなくなる恐れがあるからです。

せっかく「ターゲットにとって役に立つ情報か?」、「最も重要なポイントになっているか?」などを意識してキャッチコピーを考えても、情報を詰め込みすぎてしまうと効果は半減します。より多くの人々に自社のサービスや製品を利用してもらうためには、広告の中身を読んでもらう必要があります。そのための工夫として、キャッチコピーには適度に情報を詰め込んでおくというポイントを押さえておくことが大切です。

スカスカのキャッチコピーはNG

キャッチコピーを作成する際は、中身のないスカスカなキャッチコピーになっていないかどうかをチェックすることが大切です。中身のないキャッチコピーとは、たとえば、「こんなとき、どうすればいいか……」などです。“上手な言い回し”や“きれいなワード”を取り入れ、キャッチコピーを作成しようと考えるライターは決して少なくありません。しかし、いくら上手なキャッチコピーを作成しても、中身のないスカスカなキャッチコピーでは意味がありません。

これは新聞広告をつくる際はもちろん、マーケティングを行うにあたり確実に知っておきたいポイントです。マーケティングを行う際、また広告制作会社を選ぶ際にはしっかり留意しておきましょう。

短ければいいわけではない

スタイリッシュに仕上げることばかりを意識し、キャッチコピーを簡潔にまとめようと考える企業もなかにはいます。ですが、とくに指定がない限り、キャッチコピーは短くなければいけないという決まりはありません。ターゲットにとって必要な情報を効率的に伝えられるなら、長くなってもいいのです。

企業のなかには、“簡潔なキャッチコピーにもかかわらずマーケティング効果が得られなかった企業”や、“長いキャッチコピーにもかかわらず、高いマーケティング効果が得られた企業”もあります。

小細工は必要なし! ポイントを押さえて反応率アップ!

いかがでしたか? 広告をつくるにあたり大切なことは、ターゲットとなる人々を惹きつけ、広告の中身、そして自社サービス・製品の利用にまで結びつけることです。人々のニーズをしっかり把握しておくことはもちろん、ライターにとっての“いいキャッチコピー”が必ずしもターゲットから求められているものではないということを理解しておく必要があります。

新聞広告の制作を考えている、もしくはマーケティング効果がなかなか得られず悩んでいるのであれば、キャッチコピー作成の基本となる上記5つのポイントをしっかり押さえておきましょう。そうすれば、自ずと反応率アップに繋がるはずです。

オススメの記事

カテゴリー