株式会社エムズコーポレーション

広報担当者なら知っておきたい!広告媒体の種類と特徴

広告を作る上で知っておきたいのが、媒体の種類です。
媒体には主に“マス媒体”と“SP(sales promotion)媒体”、“インターネット媒体”の3つがあります。3つの媒体にはそれぞれ違った特徴があるので、企業の方針に合わせて媒体を選ぶことが大切です。
ここでは、各媒体の特徴をご紹介します。広告制作を行う際は以下の特徴を踏まえて媒体を選ぶことが重要となります。

とにかく情報を届けたい!そんなときに活用したい“マス4媒体“

日常生活のなかで、テレビ、ラジオ、雑誌、新聞の広告に触れる機会は多いのではないでしょうか。こうしたテレビ・ラジオ・雑誌、新聞の4つの媒体をマス媒体、別名“マス4媒体”といいます。
テレビやラジオなどに広告を掲載する際、媒体を提供する企業に広告費を支払う必要があります。
なお、市場における総広告費のうち、半数以上がマス媒体で占められています。それほどまでにマス媒体はユーザーに大きな影響力を与えるものとなっています。
以下では、各マス媒体における広告についてご紹介します。

・テレビ
テレビCMには、長期間出稿する“タイム”と、短期間出稿する“スポット”の2種類があります。タイムとは30秒間のCMを、テレビドラマのように1月、4月、7月、10月に開始して1クール(3ヶ月間)放送する形態を指します。一般的には2クールで契約を行います。一方、スポットは15秒間のCMを短期間集中的に放送する形態を指します。タイムよりも臨機応変に活用することができ、期間限定商品を売り出したいときなどに活用できます。
テレビ広告の詳細はこちらから

・ラジオ
テレビ同様に、タイムとスポットの2種類があります。ラジオの場合、時間帯によってリスナーの年齢層が違ってくるため、その点を把握しておくことが重要です。そんなラジオの魅力は、1対1でコミュニケーションをとっているように感じられるという点です。その親しみやすさから、集客数の向上が期待できます。
ラジオ広告の詳細はこちらから

・雑誌
雑誌広告では、ターゲットの年齢層やライフスタイルに合わせた雑誌選びが非常に重要です。より多くの集客を狙うのであれば、実際に自社商品を利用した人の口コミを載せるのが効果的といえます。ターゲットを絞った上で情報を届けることができるので、「こういう人に利用して欲しい」というターゲットが明確に決まっているのであれば、雑誌に企業の商品やサービス情報を記載するのがおすすめです。
雑誌広告の詳細はこちらから

・新聞
新聞は信頼度の高い媒体であるため、広告を載せることで企業の信頼度が増します。新聞には1ページで大々的に取り上げる“全面広告”や、各ページの記事の下部に取り上げられる“記事下広告”などがあります。文字だけでなくイラストなどを交えながら情報を届けることができるので、説得力のある広告制作ができるという点が特徴であり魅力となっています。
新聞広告の詳細はこちらから

購入を促すのに効果的なSP媒体

「多くのユーザーに自社製品・サービスを利用してもらいたい」と考えている場合は、購入を促すことに直結するSP媒体の活用が効果的です。

・交通広告
バスや電車、タクシーなどの公共交通機関で頻繁に目にするのが交通広告です。交通広告は、仕事や学校、買い物などで頻繁に公共交通機関を利用する人の目にとまりやすく、繰り返し見てもらうことでユーザーの購買意欲を効果的に高めることができます。
交通広告の詳細はこちらから

・DM(ダイレクトメール)
DMは、自社を利用するお客様の自宅に送って情報を届ける紙広告です。多くの企業では、キャンペーンのお知らせなどをお客様に伝える際、DMを有効活用しています。

・チラシ
チラシは新聞と一緒に届くため、新聞購読者の目にとまりやすいといえます。広告を見たお客様が「購入しよう!」という気持ちになりやすいことから、購買に直接繋げられるダイレクトレスポンス広告として、チラシはとても有効です。

・POP
POPとはスーパーや本屋、CDショップなど、いたるところで見かける商品紹介をしたカードやポスターのことです。店頭に並んでおり、ユーザーの購買意欲を高めるためにとても有効な媒体とされています。店舗に訪れるお客様の約9割は、店内商品を見た上で商品を決めるといわれており、POPはお客様の購買意欲を後押しするというとても重要な役割を担っています。

需要が高まりつつあるインターネット媒体

インターネットが普及したことで、インターネット媒体を活用した広告は需要が高まっています。最近ではSNSを積極的に使う人が増えていて、実際の友達だけでなく、ネット上だけで人との交流も簡単にできるようになりました。幅広い人と繋がり、さらにはインターネット上で手軽に情報交換ができることから、多くの企業がインターネット広告を取り入れています。インターネット広告には、WEBとメールマガジンがあります。

・Web
Webの中で最も有名な広告が、バナー広告です。これは、Web上に商品画像などを表示させ、クリックさせることで広告主が設定したサイトに移動できる仕組みになっています。 バナー広告以外にも、時間制限のないネットCMや、検索エンジンに入力したキーワードと関連のあるリスティング広告を載せる、などといった方法があります。

・メールマガジン
自社サービスに登録したお客様のパソコンや携帯電話、スマートフォンなどに送るメッセージのことをメールマガジンといいます。インターネットの普及により、メールマガジンを活用する企業は増えています。

自社にピッタリの方法を選ぶ!それこそが企業アピール成功のコツ

ご覧いただいたい通り、広告にはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。最近はインターネットを活用するお客様が多いことから、インターネット媒体を利用した企業アピールが注目を集めています。 とはいえ企業により適した媒体はさまざまで、インターネット以外の方法でも、アピール次第で注目を集めることは可能です。それぞれの特徴を参考に、自社にピッタリの広告媒体を考えてみましょう。

関連するサービスを見る

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top