広告コラム

広告コラム

ラジオ広告とテレビ広告でユーザー獲得を図る

ラジオ広告とテレビ広告

ラジオ広告やテレビ広告は、数ある広告手段のなかのひとつです。
ネットが普及している現在でも、ラジオやテレビを視聴するユーザーは多くいます。ラジオ広告やテレビ広告は、特定のユーザーに向けて企業の情報を強くアピールするのに非常に効果的とされています。
そこで今回は、ラジオ広告・テレビ広告の特徴やメリット、広告を出すにあたりかかるコストについてご説明します。また、ラジオ広告・テレビ広告により得られる効果を最大限まで高めるために、押さえておきたいポイントも併せてご紹介します。

ターゲット層を絞りやすい~ラジオ広告~

テレビ広告や雑誌広告などとは違い、ラジオ広告は視覚的に情報を発信するのではなく、聴覚的に情報を発信するものです。
視覚的に情報を発信できないことから、一見不利に感じるかもしれませんが、ラジオ広告にはラジオ広告ならではのメリットがたくさんあります。

ラジオ広告にかかるおおよそのコストは、東海地方で20秒1本20,000円程度となっています。関東地方や他のエリアでは金額が異なります。これはローカルのラジオ局で1クール流した場合にかかるコストの目安なので、ラジオ局や広告代理店により差があるという点は理解しておく必要があります。また、広告制作にかかるコストは別途となるため、その点も頭に入れておきましょう。

ラジオ広告のメリットとして、ターゲットの共感を得やすいという点が挙げられます。
ラジオは1人で聞く人が多いことから、パーソナリティとマンツーマンで接しているような気になるという人が多いといわれています。そのため、ユーザーと深い関係を築くにはうってつけの媒体なのです。その状態で広告を流すことで、ユーザーの興味や関心を広告へと惹きつけることができます。
また、場所を選ばず聞いてもらえるという点もメリットとして挙げられます。 自宅はもちろん、会社にいるときや会社への通勤途中、ドライブをしているとき、買い物に出かけるときなどに聞いてもらうことも可能です。

広告を流す時間帯は、ターゲット層がラジオを利用する時間帯を考えた上で決めるようにしましょう。そのためには、あらかじめターゲット層を明確にしておくことが重要です。ターゲット層が明確に設定できれば、その層に照準を合わせて的確な広告を打つことができ、ターゲットの興味を惹くことが可能です。

企業の情報やイメージが的確に伝わる~テレビ広告~

テレビは、ほとんどの家庭にある家電です。年代や性別に関係なく多くの人が視聴するものなので、テレビ広告を利用すれば多くのユーザーに向けて情報を発信することができます。 そして、広告期間が長いほどユーザーに認知してもらうことが可能です。長いものだと、10~20年以上続いているテレビ広告もあります。

そんなテレビ広告にかかるおおよそのコストは、テレビ広告にかかるおおよそのコストは、東海地区で視聴率1%あたり、8,000円〜10,000円程度となっています。15秒のテレビCMが視聴率5%ですと、100万円で25本前後流れる計算になります。視聴率によって金額は変動します。
対して全国区のテレビ局の場合は、1回の広告で10万円前後が一般的となっています。なお、これは視聴率が10%の場合で、視聴率が上がればそれだけ金額は高くなります。 上記は広告を流すためにかかるコストで、ほかに”制作にかかるコスト“や”出演するタレントにかかるコスト“が合計されます。

テレビ広告のメリットは、映像と音を使ってユーザーに情報を発信することができるため、企業の伝えたいことがユーザーに伝わりやすいという点です。
音に加えて映像を使うことで企業のイメージを具体的に伝えたり、広告に登場した物や風景を見ただけで企業を思い浮かべてもらえたりと、様々な効果が期待できます。これにより、長期的な顧客の獲得に繋がるケースも少なくありません。
さらに、テレビ1台で複数人をターゲットとすることができるという点も挙げられます。たとえば家族が揃ってテレビを視聴している時間帯などは、1回の広告で複数人に向けて情報を発信することができます

効果を最大限に高めるには

ラジオ広告にしてもテレビ広告にしても、より効果を高めるためには広告を流す時間帯を意識することが重要です。 できるだけ多くのユーザーが視聴している時間帯を狙って広告を流すことで、より多くのユーザーに情報を発信できます。人気タレントやパーソナリティが出演している番組の最中を狙うというのもひとつの手です。
また、時間帯だけでなく広告そのものに工夫を施すことも重要です。たとえば、広告に人気タレントを起用することで企業のイメージアップに繋がります。

前述したように、視聴率が上がればそれだけ広告にかかるコストも高くなるのは事実です。しかし、コストを気にするあまり視聴するユーザーが少ない時間帯を選んでしまうと、広告の効果は薄れてしまいます。
ラジオ広告やテレビ広告を利用する際は、信頼できる広告代理店と相談し、どの方法が最も適切で効果的なのかをしっかり見極めることが重要です。

もっと詳しく見たい方はこちら[ ラジオCM ]・[ テレビCM

オススメの記事

カテゴリー