広告コラム

広告コラム

料金後納郵便と料金別納郵便の違いとは?

「料金後納郵便」「料金別納郵便」
ほとんどの人が名前をご存知だと思います。どちらも便利に郵便を利用できる発送方法ですが、その違いを理解していますか?

ダイレクトメール等大量の郵便物を送付している場合は、料金後納や料金別納を上手に活用することで発送業務を簡易化し、さらにコストを抑えることもできます。

ここでは、料金後納と料金別納の違いや、表示方法について解説します。郵便はマーケティング業務だけでなく、営業・総務・経理など幅広い業務で使うサービスですから、この機会に考え方を理解して、仕事で役立ててください。

料金後納郵便とは?

料金後納郵便とは、「翌月に、郵便料金をまとめて支払います」という仕組みです。発送の都度料金を精算したり、切手を準備して貼ったりという手間を省くことができます。料金の支払い方法も銀行振込か口座振込かを選べるので、経理面でも業務フローが簡易化します。また、一定の条件をクリアすることで、発送料金の割引も適用されます。ダイレクトメールなど、毎月定期的に送付する郵便物がある場合は、非常にメリットの多い方法です。

料金後納のサービを利用するためには、毎月50個以上の郵便物や荷物を発送する必要があります。また、事前に郵便局から承認を受ける必要があり、その際に1ヶ月に差し出す郵便物や荷物の概算料金の2倍以上に相当する額の担保が求められます。

料金後納を利用すると、さまざまな割引も適用されます。例えば、一度に1,000通以上差し出す場合の「同時差出割引」、月間3,000通以上差し出す際の「月間割引」、広告郵便申請を行った場合や、郵便配達日数に3日程度(7日程度)の猶予を認めるとさらに割引率を高められます。

料金別納郵便とは?

料金別納郵便とは、「発送のたびに、郵便料金をまとめて現金で支払います」という仕組みです。都度現金精算が必要ですが、わざわざ切手を貼る手間が省けます。

料金後納郵便と違い、利用に際して事前に申し込んでおく必要はありません。利用したいときに、その都度郵便局窓口に持っていけばOKです。ただし、差し出す郵便物や荷物はすべて同じ料金で、かつ同時に10個以上を差し出す必要があります。セールや新商品のお知らせなど、不定期に発生する郵便物の場合に活用しがいのある方法です。

料金後納、料金別納の表示方法

料金後納や料金別納を利用する際は、指定のマークを宛名面(縦長の形式は左上部、横長の形式は右上部)に記載する必要があります。料金別納・料金後納の基本的な表示方法は同じです。

形状は円形または四角形を選ぶことができ、円形の場合は直径2~3センチ、四角形の場合は各辺の長さを2~3センチに設定します。下1/2の面積内であれば、広告文(企業名やキャッチコピーなど)を記載することもできます。

円形または四角形を横線で区切り、「料金後納郵便」「料金別納郵便」のいずれかを記載します。その上には「差出し事業所名」(郵便物や荷物を差し出す郵便局名)を記載します。ただ、郵便物に差出人住所や氏名を明記している場合は、差出し事業所名の記載は省略できます。

重要になるのは、マーク内に引く線の本数です。ここで送達日数を指示し、猶予が長いほど、割引率も高くなる仕組みです。この割引を使うことができるのは、広告郵便物か区分郵便物、第三種郵便物のみです。マーケティングでダイレクトメールを使う際には、広告郵便申請を行うことになります。広告郵便として承認されるためには、印刷物の見本の提出も必要なので、余裕を持ったスケジューリングで進めるようにしましょう。

通常の郵便と同じ配達日数の場合は1本線、3日程度の猶予を認める場合は2本線(特割)、7日程度の猶予を認める際は3本線(特特)を引きます。いずれも、線の間隔は1~2ミリにすることが必要です。

どちらを選べば良いのか?

料金後納郵便も、料金別納郵便も、料金精算や発送フローを効率化でき、かつ郵便料金節約にもつながる方法です。どちらを選べば良いのか迷ったときには、「定期的に発送する郵便物の量」で判断しましょう。

例えば、毎月DMを発送している場合や、請求書や契約書を郵送でやり取りしている場合などは、料金後納郵便が使えます。支払いも毎月一回にまとめられるので、経理面もスムーズになります。

逆に、毎月の発送件数にはばらつきがあるものの、不定期に大量の郵便物があるような場合は、その都度使える料金別納郵便がおすすめです。料金は発送のたびに現金精算となりますが、発送日や発送部数、金額などを逐一記録できるというメリットもあります。

郵便物の発送頻度や量に合わせて、どちらを選ぶか決めてください。

料金後納と料金別納の違いを理解して、業務に役立てよう

郵便には、多様な発送方法があります。特に、マーケティング担当者にとっては、料金後納郵便と料金別納郵便は使う機会の多い歩法なのではと思います。

郵便物の種類や量、送付方法によって料金も代わってくるので、広告の費用対効果を高めるためにもお得な送付方法を理解しておきましょう。

オススメの記事

カテゴリー

Facebook

エムズのみんなの様子が見れちゃう!イベント情報や社内の様子、役に立つ広告の豆知識など様々なことが掲載されていますよ。