株式会社エムズコーポレーション

YouTubeを使った動画マーケティングの効果と成功のポイント

最近は、Web上で動画を使ったマーケティング活動を行う企業が増えています。
中でも、YouTubeにて動画マーケティングを行う企業が増えており、数々の成功事例を収めています。

ここでは、YouTubeを使った動画マーケティングと成功のポイントをご紹介します。

YouTubeを使った動画マーケティングとは?

YouTubeを使った動画マーケティングとは、マーケティング活動のための動画をYouTubeにアップロードしていく活動のことを指します。

YouTubeの最大のメリットは、利用者数が多いことです。YouTubeの公式ブログでは、月間のログインユーザーが15億人を突破したと発表しています。

これまでは、動画マーケティングといえばテレビCMが主流でしたが、最近はWebを使った動画マーケティングが、特に注目されています。

Web上には、InstagramやFacebookなどの動画配信できるSNSが多数ある中で、特に利用ユーザーが多いYouTubeが注目されているのです。

なぜ、YouTubeが選ばれるのか?

Web上には、動画マーケティングを行えるサイトが多数ありますが、その中でもYouTubeが選ばれるのには理由があります。ここで動画マーケティングを行う場所としてYouTubeが選ばれる理由をご紹介します

・検索上位に上がりやすい

YouTubeは、大手検索サイトで知られるGoogleと関係があるため、検索に強いです。

現に、Google検索をすると、検索キーワードに関連したサイトだけではなく、YouTube動画も表示されるシステムになっています。ただ、どんな動画でも良いというわけではなく、ユーザー(検索者)の目的を果たす有益な内容でなければ意味がありません。
また、タイトルに動画に適したキーワードを入れるなど、細かいテクニックも必要です。

GoogleとYouTubeの関係性により、検索上位に上がりやすいという特徴も、動画マーケティングでYouTubeが選ばれるひとつの理由になっています。

・国内だけでなく海外にも利用ユーザーが多い

Web上の他の動画サイトと比較しても、YouTubeの利用ユーザー数は圧倒的に多く、2000万人以上のユーザー数を誇っています。

Googleとの関連性も高く、Googleの利用ユーザーがYouTubeを使っているケースも多いため、より多くの人に動画を届けることができます。
また、日本国内だけではなく、海外の利用ユーザーの多いため、海外に向けての動画マーケティングも可能です。

・利用ユーザーの年齢層が幅広い

Instagramには若い年齢層のユーザーが集まっており、Facebookには年配者の利用ユーザーが多いのが特徴的です。そんな中で、YouTubeは利用者数が多いこともあり、ユーザーの年齢層が幅広いため、ターゲット設定を柔軟に行えます。

YouTubeを使った動画マーケティングの成功ポイント

YouTubeで動画マーケティングを行えば、必ずしも、成功するわけではありません。YouTubeを使った動画マーケティングの成功ポイントは、成功事例を見ると分かりやすいです。

いくつかの成功事例を織り交ぜながら、YouTubeを使った動画マーケティングの成功ポイントを紹介します。

長い動画と短い動画を分ける

トータル時間が長い内容をあれこれと詰め込んだ動画ばかりをアップしていると、新規ユーザーを逃してしまう恐れがあります。

もともと興味がある動画でない限り、新規ユーザーが、YouTubeで5分以上の動画を見るのは難しいです。
そのため、新規ユーザー呼び込み用の短い動画とリピーター用の長い動画を用意する必要があります。

新規ユーザーへの動画は1分から1分半程度、リピーターや元々自社のサービスなどに興味があるユーザーに向けては、5分以上の内容を詰め込んだ動画を用意すると効果的です。

PRサイトやホームページに動画を埋め込む

YouTubeの中だけでのPRだけではなく、自社のサービスのPRサイトや公式ホームページ、ブログなど動画を埋め込むことで、外部からYouTubeチャンネルへと新規ユーザーを呼び込むことができます。

自社が管理するサイトだけではなく、関連会社や協力会社のサイトなどにも動画を埋め込んでもらうと、さらに宣伝効果が上がります。

例えば、ソニーのデジタル一眼カメラやミラーレスカメラで有名なαシリーズのPRでは、αシリーズのカメラの使い方動画を作成して、ソニーの公式サイトにて使い方の記事とともに掲載していました。それにより、記事からソニーのYouTubeチャンネルへも、新規ユーザーを読み込むことに成功しました。

SNSを効果的に活用する

動画マーケティングの一環として、期間限定のPRのためのキャンペーンをする企業が多いです。キャンペーンに呼び込むための手段として、よく使われるのがSNSです。

TwitterやFacebook、Instagramなどにはそれぞれの特性があります。ユーザーの年齢層や趣味嗜好、投稿や閲覧が多い時間帯などが違うため、それらを分析の上、うまく活用することでキャンペーンやPR動画に新規ユーザーを呼び込めます
YouTubeチャンネルの登録者獲得にもつながるため、多くの企業がSNSを効果的に使っています。

例えば、大分県のYouTube公式チャンネルでは、SNSの温泉キャンペーンと連動して、動画を盛り込むことで、YouTubeチャンネルの新規登録者を獲得できました。

SEOを意識する

自社のPR動画に関連した検索キーワードを選んだ上で、動画タイトルや動画の説明欄に盛り込むことで、検索上位にヒットしやすくなります。Google検索をすると、検索結果の一覧にはWebページだけではなく、動画もヒットする作りになっているため、SEOを意識した動画タイトルや動画の説明欄の作成が重要です。

検索がきっかけで、YouTubeチャンネルの登録へと導ける見込みもあります。YouTubeに対応したSEOもあるため、動画への集客として習得するのもひとつの対策です。

まとめ

Webを使った動画マーケティングの中で、最も注目されているYouTubeマーケティングをもっと有効活用しませんか?

もう既にテレビCMなどで動画を活用している場合でも、YouTubeでも配信すれば、さらにセールスにつなげられるかもしれません。逆に、これから動画を制作する場合は、制作費用がかかりますが、テレビCMだけではなくYouTubeでも配信すれば、これまでよりも多くのユーザーに見てもらえるはずです。

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top