株式会社エムズコーポレーション

より良い広告にするために・・・。できあがった雑誌広告の最終チェックポイントまとめ

テレビCMやラジオ広告、ネット広告など、広告には多くの種類があります。雑誌広告はそのうちのひとつで、好んで雑誌広告を選ぶ企業は少なくありません。
そんな雑誌広告の効果を高めるためには、制作時の最終チェックが非常に重要です。ここでは、雑誌広告の効果や、より読者に興味をもってもらえる雑誌広告を制作するためのポイントについてご紹介していきます。

雑誌広告の魅力って?

雑誌広告には、ターゲットを絞って宣伝を行うことができるという特徴があります。広く商品をアピールするよりも、特定のターゲット層へ商品を宣伝したいという企業におすすめの広告手法です。
雑誌広告を出す際には気をつけるべきポイントがあります。それは“どの雑誌に広告を掲載するか”です。
企業が獲得したいターゲット層が興味を持つ雑誌へ広告を掲載しなければ、宣伝しても狙った効果を得ることはできません。
そのため雑誌広告を出す際には、掲載する雑誌をよく検討することが大切です。

雑誌広告をよりよくするためのポイント

広告に興味・関心を持ってもらい、さらに購買意欲を湧かせるためには、広告の中身を工夫することも大切です。
より宣伝効果の高い広告を制作するためにも、ここでいくつかのポイントをチェックしてみましょう。

メッセージ性はある?

宣伝を行う上でまず大切なのが、“メッセージ性があるかどうか”です。
広告を見た人に「この商品を買いたい」と思わせるためには、ターゲット層に届くような言葉がなければなりません。
メッセージ性がなければ、読者に興味・関心を持たせることは難しいといえます。
たとえメッセージが掲載されていても、文章量が多かったり、文章がまわりくどいなどで意味が伝わりづらかったりすると、商品のよさをはっきり伝えることはできません。
そのため、雑誌広告を制作する際は、このようなポイントを踏まえているか確認することが大切です。

ユニークさはある?

読者の目に止まるような雑誌広告を制作するためには、広告に遊び心をプラスすることも大切なポイントです。
見た人が「面白い」と思ってくれるようなものにすることで、興味を持ってもらえたり、さらにSNSで広告をシェアしてもらえたりすることもあります。広告に入れる仕掛けにはさまざまなものがあり、例えば“広告の写真にサブリミナルメッセージを入れる”、“錯覚のように視覚効果を取り入れる”などがあります。
こうした遊び心を取り入れることで、商品だけでなく、「ユニークな企業だ」と企業自体に興味を持ってもらうこともできます。

読者の記憶に残りやすい?

広告を制作する際に大切となるポイントには、“読者の記憶に残るかどうか”という点もあります。
広告を見ても、印象に残らないものだとすぐに忘れ去られてしまいます。
こうなると、購入はおろか、商品に興味・関心を持ってもらうことさえ難しくなってしまいます。そのため、雑誌広告を制作する際には、お店の広告を載せたり印象的な写真やデザインを入れたりして記憶に残りやすくなるための工夫を施すことが大切です。
広告のデザインにひとつだけ違う形や色を取り入れることもおすすめです。こうした工夫により、雑誌読者の目にとまりやすい広告へと仕上げることができます。

見やすいレイアウトになっている?

どんなに便利でお得な商品の情報を掲載していたとしても、広告の中身がごちゃごちゃしていると雑誌読者に「読みたい」と思わせることは難しいといえます。
そのため、広告を見てもらうためには、見やすいレイアウトにすることも重要です。挿入する画像の大きさを揃えたり、余白を少し多めに取るようにしたりするだけでも読みやすさは格段に変わります。
ほかにも、ふきだしや枠の数を少なくする、背景と文字の色は明度の違うものにする、といった方法もあります。ふきだしや枠の数を少なくすると、本当に注目して欲しいポイントが明確になるとともに、広告のアクセントにもなります。また、注目して欲しいポイントに目を向けてもらいやすくすることができるため、伝えたいメッセージをダイレクトに伝えられます。
背景と文字で色の明度を変えれば、色にコントラストが出て文字が読みやすくなり、読者の目にかかる負担を減らすことにもつながります。
このように少し工夫するだけで、雑誌広告をぐんと見やすくすることができます。

広告により得られる効果は“最終チェック”で決まる!

いかがでしたでしょうか。
雑誌広告を見やすく、読みやすくするためのポイントには上記のようなものがあります。
さらに、“どんな商品なのか”、“どんな特徴があるのか”を明確にすると、より見やすく分かりやすい広告にすることができます。
広告としての効果を高めるための工夫を施すことで、商品へ興味・関心をもってもらったり、購買へ結びつけたりすることができます。
より多くの人に広告を見てもらうためにも、上記ポイントを最終チェック時に取り入れてみてはいかがでしょうか。

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top