株式会社エムズコーポレーション

広告とマーケティング 4Pと4Cとは?

広告とマーケティングの関係性

広告は、企業が行うマーケティング活動の1つとされ、マーケティング活動の中でも「情報を消費者に伝える」という役割を果たしています。マーケティングと広告は混同されることも多いですが、広告はあくまでマーケティング活動を構成する要素のひとつです。

マーケティングとは、企業が一方的に商品やサービスを生産・販売するのではなく、消費者にとってのメリットを提供するという考えのもとアメリカで誕生しました。のちに日本に導入され、今やどの企業もマーケティングを取り入れるほど主流となりました。消費者にとっての価値とは、消費者の要求に応えるということで、その声に応えるために新しい商品・サービスを創り出し、創りだされた価値をどのように消費者に伝えていくのか。
そこで消費者に情報を伝える手段として広告が活用されているのです。

マーケティングの基本構成

売り手の4P

マーケティング活動の基本は、商品(Product)・価格(Price)・販売促進(Promotion)・流通(Place)の4つの要素に分けられ、頭文字を取り4Pと呼ばれています。
この4Pのそれぞれの領域において、どうやって市場で戦うのかという戦略を決め、自社のターゲットに対して効果的なマーケティング活動を行う計画を立てます。

1.Product(商品)

商品・サービスが提供する価値や機能を指します。 例えば、品質・デザイン・パッケージング・保証・アフターサービスなどが挙げられます。消費者に価値を提供するために、商品の全体的な考え方をまとめ、どのような機能・特徴を持たせるか考えます。その特徴を伝えるためのネーミングやデザインも重要です。

2.Price(価格)

商品・サービスの価格設定に関することを指します。 例えば、標準価格・割引・支払い期限・信用取引条件などが挙げられます。商品をいくらで販売するのか、提供する商品の価値から考えて、他社との比較でどれくらいに設定するのかなど検討していきます。

3.Promotion(販売促進)

商品・サービスを広く認知してもらうための方法を指します。 例えば、広告・セールス・PR・イベントなどが挙げられます。消費者に商品の価値を伝えて、購買意欲を刺激します。

4.Place(流通)

商品・サービスの流通経路や販売方法などを指します。 例えば、流通範囲・立地・品揃え・在庫・輸送などが挙げられます。どんなところで商品を販売するのか、どうやって販売するのかなど販売に関する戦略です。インターネットや通信販売で直接消費者に販売する方法、系列店舗のみでの販売、幅広い店舗に商品を卸しての販売など、戦略を実現するための選択肢を考えていきます。

買い手の4C

売り手(マーケティング)の4Pに対して、買い手(消費者)の視点から見る4Cも重要視されています。4Cとは、顧客価値(Customer value)、顧客コスト(Cost)、利便性(Convenience)、コミュニケーション(Communication)となり、それぞれ4Pと対応しています。

1.Customer value(顧客価値)

商品やサービスを利用し消費者が実際に得られるメリットのことをさします。 例えば、ドライヤーであれば、「従来品より長持ちする」「マイナスイオンで髪の毛がサラサラになる」というように従来品から買い替えるだけの理由を持たせることが大事なのです。

2.Cost(顧客コスト)

商品やサービスを購入した時に消費者が負担するコストのことを指します。商品やサービスを買うためのコストは、何も金銭的なコストだけではありません。商品を売っている店やサービスを提供している場所に行くための時間的なコストも消費者は負担しているのです。

3.Convenience(利便性)

商品・サービスを使うことの便利さ、商品・サービスを購入する際の利便性はどうか、商品は売り切れになってもすぐに入荷するか、サービスを受けられる時間は短くないかといったことを考えていかなければなりません。

4.Communication(コミュニケーション)

消費者の声に耳を傾け、コミュニケーションを交わすことを指します。そういった声に耳を傾けることで消費者が今求めているもの何なのかを知ることができ、新商品・新サービスを開発するにあたって重要なヒントとなります。

マーケティングで使用される広告の種類

広告の種類は大きく、マス広告、セールスプロモーション広告、ネット広告の3つに分類されます。

簡易スピーカーに変身する広告

オンラインラジオの放送も行っているCoca Cola(コカ・コーラ)が制作した雑誌広告は、雑誌を丸めると簡易スピーカーに早変わりするというもの。
簡易スピーカーは形だけでなくきちんと実用性を兼ね備えているため、ツールとして使うことが可能です。スピーカーの表面部分には企業のブランドロゴが大きく表記されているため、サービス、製品だけでなく企業名も一目で知らせることができます。

マス広告

マス広告とは、テレビ・新聞・ラジオ・雑誌などに掲載する広告を指します。 マス広告はマス4媒体とも呼ばれ、どの広告媒体よりもリーチする人数が圧倒的に多いと言われています。

セールスプロモーション広告

セールスプロモーション広告とは、様々な種類のツールがあり、販売促進に直結するため到達率が期待できる広告といわれています。 具体的には交通広告、駅・電車などの広告・チラシ・DM・看板・イベント・キャンペーンなどがあります。

インターネット広告

インターネット広告とは、Webサイトや検索エンジン画面などに表示される広告を指します。リーチできる範囲や接するユーザの属性に応じて使い分けることが可能です。 リスティング広告・バナー広告・動画広告・メール広告・アフィリエイト広告などが挙げられます。

このように、広告はマーケティングにおける4Pと4Cの関わり合いを考えながら戦略を立てていくことが大切なのです。
また、マーケティングと広告は混同されることも多いのですが、広告はあくまでマーケティングにおける活動全般を構成する要素の一つです。マーケティングと広告の違いを正しく把握して、適切な戦略を立てていくことが大切といえるのです。

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top