株式会社エムズコーポレーション

求人にはリアリティに現場を伝えることができる動画を活用

7割近い企業が毎年課題として上げる「内定者数の確保」。目標人数を確保するためにはエントリー時の母集団の形成が欠かせません。しかし学生に認知度の低い業界や職種、また、学生の先入観から「大変そう」だとネガティブなイメージを持たれやすい業界は特にエントリー数の少なさに直面しているのではないでしょうか。

エントリー数の増加を図るには、学生に直接企業のアピールをすることの出来る合同説明会や採用サイトなどで、企業や業務内容を正しく理解してもらい、魅力を感じてもらうことが重要なポイントとなります。

しかし、求人サイトに掲載したり、コーポレートサイトに特設サイトを作ったとしても、国内の数ある企業の中から見つけてもらうのは至難の技です。また、求人サイトの場合、文章や写真がメインのため、社内や現場の雰囲気がイマイチ伝わりづらくなっています。

そこで近年様々な企業が導入しているのが、現場の本当の姿をリアリティを持って伝えることができる動画求人なのです。

求人動画のメリット

1. 企業の魅力や仕事のやりがいを伝えることができる
学生が興味を持つ業界や職種は非常に狭く、偏っています。普段よく目にするCMや商品、好きなブランドや憧れている商材を扱う企業など、どうしても応募が偏ってしまいます。その中で認知度の低い企業が学生の関心を引き、「この企業で働きたい」という思いを高めるには、合同説明会や採用サイトなどにおいて、動画を通して事業内容や業務内容、職場の雰囲気を分かりやすく説明し、学生が自分の専門分野や強みを生かして活躍できる姿をイメージさせることが重要なポイントとなります。

2. 応募者の質を上げることができる
本当に企業が求めている学生を集めるのに苦労している企業、いわゆる学生の「質」をどのように上げるかを課題としている企業も沢山あります。企業名やイメージだけでエントリーする学生が多いなど、業界・会社への理解度の浅さから、「知っている」「大企業だから」という点だけで応募している学生が多いのも事実です。
そこで学生の「質」を上げるのに有効的なのが説明会における動画の活用です。説明会は学生にとって企業のことを知る場であり、どこに就職したいかを見極める場でもあります。企業にとっては選考前に自社の魅力や求める人材をアピールする場でもあるのです。動画は口頭で説明するよりもはるかに多い情報量を分かりやすく提供でき、より詳しい情報を伝えられるため、イメージ先行でエントリーした学生にも、「この会社では何が求められているのか」「この会社で働くとはどういうことなのか」を理解してもらうことができるのです。

3. 企業が求める学生像を明確に伝えることができる
学生に人気のアパレル業界や音楽業界などは、学生にとって憧れの職業です。こういった企業には人気が集まりやすいですが、その分「このブランドが好き」「このアーティストが好きだから」というだけの理由でエントリーする学生も少なくありません。企業が求める、会社に入って「何がしたいのか」まで明確にイメージできている学生を獲得するのに有効的なのが、動画求人です。動画求人はその企業や現場で働くことの魅力付けに加え、求める人材を明確に伝えることができます。また、感情に訴える演出も、リアリティを持った情報提供ができるのも動画求人の強みです。

内定者が決まった後の動画活用法

優秀な人材が集まったあとに大きな課題となるのが、学生側の内定辞退です。この時点で内定者が決まり一安心とはまだまだ言い難いのです。せっかく集まった優秀な人材を、内定辞退で手放したくはないですよね。内定後に学生が受けたいフォローとして、社員や他の内定者との懇親会といった直接的なコミュニケーションの他に、「通信教育」「社内報」「内々定者の専用webサイト」などが挙げられています。このように、入社する前に企業について勉強したい学生や、もっと会社の雰囲気を知りたいと考える学生が多いのです。

そこで、内定者向けの研修動画や、職場や社内イベント、内定者懇親会などの様子を撮影した動画、内定者に向けた社員からのメッセージ動画などのコンテンツを作成し、定期的にアップするっすることをお勧めします。内定から入社までの期間でさまざまな不安を抱く学生に対し、仕事の面白さや難しさ、どんな人と一緒に働くのかなど、できる限り具体的な情報を動画を通して伝えることで、企業に対する理解がどんどん深まります。

動画を上手く活用していくことで、求人数の確保や、より良い人材を見つけることにつながっていきます。こうしたひと手間で企業への関心や信頼度は大きく高まることでしょう。

求人向け会社紹介動画の詳細はこちらから

関連するサービスを見る

広告コラム一覧へ戻る

お問い合わせをする

Return Top